葉物野菜の定番「小松菜」 名前の由来は地名?人名? 意外に知らない歴史を探る

葉物野菜の定番で、毎日食べても飽きないご飯のお供「小松菜」。そんな小松菜の一大生産地が都内にあるのをご存じでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


23区内の生産量はもちろん1位

 さて23区の一角である江戸川区ですが、数は減ったとはいえ、いまだに農業は盛んです。

 昭和30年代には2000戸以上あった農家は、2015年の調査で110戸。だいぶ少なくなりましたが、今でも専業農家が52戸あります。23区内に専業農家があるのは、東京都民でもなかなか想像ができません。

 東京都の小松菜の生産量は、今でも江戸川区が1位。ちなみに横浜市も小松菜の生産を盛んに行っており、年によっては横浜市が江戸川区の生産量を上回ることもあります。

 もっとも、都道府県別シェアではトップは茨城県、以下、埼玉県と福岡県が続いています。

江戸川区の小松菜応援サイト「小松菜プラスワン」(画像:ウェルフィールド)

 それでも発祥の地としてのプライドがあるのか、江戸川区は近年、小松菜を盛んに宣伝しています。

 2017年には『小松菜力』というパンフレットを発表したり、スタンプラリーを実施したりしています。

 23区でも郊外の雰囲気がある江戸川区ですが、最近は豪雨の際、「意外に洪水に強い」ことが証明されていますし、これからもそのブランド力のアップに期待ができそうです。


【データ】断トツ! 江戸川区における小松菜の「圧倒的な存在感」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画