葉物野菜の定番「小松菜」 名前の由来は地名?人名? 意外に知らない歴史を探る

葉物野菜の定番で、毎日食べても飽きないご飯のお供「小松菜」。そんな小松菜の一大生産地が都内にあるのをご存じでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


千葉方面と江戸をつないでいた小松川

 ただ、青菜に「小松」の名前がついたのには理由があります。それは、小松川が葛西でも特ににぎわっている土地だったからです。

 今は荒川放水路によって失われていますが、現在の小松川大橋周辺には行徳街道と元佐倉道(旧千葉街道)が交差する「四股」と呼ばれる、交通の要衝がありました。そのため、小松川は千葉方面と江戸をつなぐ交通量の多い場所でした。

左は1909(明治42)年測図の地図。カーソル部分に「四股」の記載がある。現在を表す右地図の丸部分がかつての「四股」の位置(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 江戸時代の農村は農業の傍らに店をやったり、商品作物を売ったりしていました。

 そうした中で、小松川周辺で取れる青菜が評判になり、小松菜という名前が知られていったというのが現実的な流れでしょう。そして街道に沿って栽培する地域が増えていったのだと考えられます。

付近には江戸川区内で初となる銀行もあった

 現在では船堀周辺の方が町の中心になっていますが、明治以降も長らく小松川周辺は地域の中心でした。

1909(明治42)年測図の地図。現在の船堀駅周辺の様子(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 小松川境川親水公園(江戸川区中央)となっているところに椎橋という橋があり、船着き場もあって栄えていました。

 1915(大正4)年には、現在の江戸川区内で初の銀行となる椎橋銀行が地元の出資で設立されています。洋風の赤レンガ造りの建物には、大きな時計台も設置され、「時は金なり」「分秒を惜しむ」という文字が刻まれていました。

 建物には電話もついていて、電話を使う目的で預金する人が多くいました。ところが、椎橋銀行は1923年の関東大震災が原因で倒産します。

 地震で被害に遭ったのではありません。地震で電話が使えなくなったところ、「電話が使えないなら預金してもしょうがない」と騒ぎになったためです。

23区内の生産量はもちろん1位


【データ】断トツ! 江戸川区における小松菜の「圧倒的な存在感」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200903_komatsuna_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画