なぜ東急池上線「五反田駅」のホームはとても高い場所にあるのか? 背景にあった夢破れた歴史とは

五反田~蒲田を結び、独特のでもおなじみの東急池上線。そんな池上線の五反田駅ホームは思わず見上げるような高い位置にあります。いったいなぜでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


路線の全通は1928年6月

 そうした状況下で、池上電鉄は1923年に東京川崎財閥の傘下に入ります。

1919(大正8)年発行の地図。池上線が通る前の五反田駅周辺の様子(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 ところがこの年に東急の前身である目黒蒲田電鉄が、路線の大半が被る目蒲(めかま)線を開通させます。

 そこで池上電鉄は当初の計画を捨て、五反田駅を目指すことになりました。

 その後、池上電鉄は1934(昭和9)年に目蒲電鉄に吸収され、現在の東急電鉄(渋谷区神泉町)の基礎となったわけです。

 おおらかな時代だったのか、半ば無計画のような感じで建設された池上線が全通したのは1928年6月のことでした。

山手線を越える計画もあった

 最後に残った大崎広小路駅から五反田駅に向かう線路には住宅が密集。高架線を引くために工事は難航しました。

 また当時は、山手線を越えて東側に行けるような高さを計画していました。

 理由は当初予定していた目黒駅との接続が果たせなかったため、乗客がより増えることを念頭に置いていたためでした。

池上線の五反田駅(画像:(C)Google)

 そこで鍵になったのが、京浜電気鉄道(現・京浜急行電鉄)が計画していた青山線です。

 青山線とは、品川駅方面から白金、青山をぐるりと回るようにしながら、千駄ヶ谷方面へ向かう計画路線。池上線は、青山線と白金付近で接続することを計画していたわけです。

 しかし計画は残念ながら実現はしませんでした。その結果残されたのが、高い池上線のホームだったというわけです。

 ただ、都心への延伸計画は戦後にも浮上しており、都営三田線と池上線を接続する案も存在していました。

独特の沿線風景は延伸しなかったおかげ?


【地図&航空写真】明治から令和まで! 「五反田駅」周辺の変化を見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200820_ikegami_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画