コーヒーに負けっぱなしの「紅茶」に名誉挽回を! 大手ブランド「リプトン」が挑んだ非日常的作戦とは

2020年8月6日

お出かけ
ULM編集部

「紅茶にしますか? コーヒーにしますか?」。外食先で店員に聞かれるこの質問。実は両者の消費量には大きな開きがあるということをご存じでしたでしょうか。


タピオカブームを追い風にして

 駅前などに必ずあるカフェチェーン。その看板商品は多くの場合コーヒーで、たまに紅茶専門の喫茶店があっても、1杯1000円前後する高級路線が主流のよう。

 2013年には、月刊情報誌『日経トレンディ』の「ヒット商品ベスト30」の1位に「コンビニコーヒー」が選ばれました。現代人に欠かせない生活インフラであるコンビニで、おいしく手軽にわずか100円ちょっとで購入できるようになったことが、コーヒーをますます消費者の定番ドリンクとして浸透させたと言われています。

 一方、後塵(こうじん)を拝す紅茶にも、近年明るいニュースがないわけではありません。

 記憶に新しいのは、2019年に社会現象ともいえる大ヒットを起こしたタピオカブームです。タピオカミルクティーは、タピオカの年間輸入量(1万6774t)から1年間で推計約5億6000万杯分が消費されたといわれ、紅茶と消費者との距離を近づける一助を果たしました。

2019年に一大ブームを巻き起こしたタピオカミルクティー。消費者が紅茶に親しむ一助になった(画像:写真AC)

 日本紅茶協会(港区東新橋)のまとめでは、2019年の年間紅茶輸入量は数量ベースで前年比113%。2020年に入っても1~5月は同116%と堅調を維持しています。

 そして、その大半が使われているのは、各清涼飲料メーカーの紅茶飲料です。

 前述した清涼飲料品の品目別生産量推移は、全品目中で見れば紅茶飲料の値は低いものの、2019年には近年で最も顕著な伸びを示しているのが見て取れます。

紅茶の可能性を体現するカフェ


【グラフデータ】一目瞭然! コーヒーと比べて圧倒的に少ない「紅茶飲料の生産量」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画