有楽町、新宿、銀座……東京の地名ばかりが集まるエリアが「山口県」にあった いったいなぜ?

山口県の東南部に位置する周南市。同市の旧徳山市エリアには、なぜか東京の地名を模した地名が多く存在しています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


安易に命名したわけではなかった

 壊滅した徳山市の復興が始まったのは、1947(昭和22)年に入ってからでした。この復興事業は、都市の区画整理からはじまる大規模なものでした。

 1952年に「町名地番整理委員会」が発足し、区画整理が終わった地域から町名を順次付けていくことに。東京そのまんまのような町名は、このときに付けられたようです。

 ただ「徳山市史」には「新興徳山にふさわしい新町名、地番に変わった」とあるだけで、そうなった理由は判然としていません。手がかりになるのは、この事業が行われた1952年から1961年まで3期にわたり市長を務めた黒神直久氏の証言です。

『徳山の思い出―画文集』(画像:マツノ書店)

 1985(昭和60)年に発行された『徳山の思い出―画文集』(マツノ書店)という本によれば「新宿、原宿、代々木などというと、安易に東京の地名をもってきたと思っている人も多いが、決してそうではない」とあります。

 区画整理後の町名を管理した「町名地番整理委員会」が勝手に町名を付けたわけではなく、新たな町名は町内ごとに検討されて付けられたものだったのです。

地名は偶然の産物?

 しかし区画整理が大規模だったため、各町内で新たな町名を付ける際、住民全員が納得するのは容易ではありませんでした。

 戦前の町が分離されたり、合併されたりして新しい町になっているため、戦前の名前をそのまま使おうとすると、どの町名を使うかでトラブルが当然起きます。そこで、新たな地名を作ることにした結果、偶然にも東京によく似た名前ができた――というわけです。

山口県周南市新宿通の位置(画像:(C)Google)

 黒神氏の証言によれば、新宿や原宿はあくまで「偶然」。もともと今宿という広い地域があり、それを分割するにあたって生まれたといいます。もとの今宿という地名から「宿」の字をもらって、新宿通と原宿町と名付けたというのです。

浮かび上がるさまざまな臆測


【地図】「山口県周南市」の位置をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200725_tokuyama_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画