「東京がなんぼのもんじゃい!」 大阪人がいまだ諦めない「東京打倒計画」と地元復興

「東京 対 大阪」という構図は、近現代の日本において欠かすことのできない活力を生み出してきました、2020年現在、経済分野で後塵(こうじん)を拝す大阪ですが、その胸の内やいかに――。大阪出身・東京在住のフリーライター神田桂一さんが、彼らの思いを“代弁”します。


果てなき夢を見続ける街・大阪

 僕はそうではないと思っています。大阪の文化はアメーバ状になって、東京に根付いたのです。全国区のテレビ番組から流れる大阪弁がそれを雄弁に物語っています。

 しかし、それだけではまだ大阪人は満足していません。そのコンプレックスをうまく刺激しているのが、「大阪都構想」などを掲げる政党(日本維新の会)なのだと僕は思っています。大阪人は、東京に勝つことをまだ諦めていなかったのです。

「やっぱ好きやねん」は、1986(昭和61)年に発売された故・やしきたかじんの大ヒット曲(画像:写真AC)

 大阪は今後どうなっていくのでしょう。

 大阪のアイデンティティーは、東京の内部に入り込んで、内から侵食していきました。もう、大阪的なるものは東京にとってなくてはならないものになっているはずです。今度は、地元大阪が活況を呈するように大阪人は持っていくに違いありません。大阪人は再び、夢を見ているのです。


【覚えてる?】漫才の頂点「M-1グランプリ」 2015~2019年トップ10組の順位をチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200707_osaka_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画