誰でも知ってる東京「山の手」「下町」、でも肝心の境界線はどこにある?

しばしば話題となる東京の「山の手」と「下町」。そもそもこのふたつの境界はどこなのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


江戸時代前期に定着した意識

 もともと山の手と下町という言葉は、江戸時代の17世紀後半から見られるように言葉です。江戸時代前期、山の手は早くも武家屋敷の町、下町は町人の町という意識が定着していました。

 この頃の山の手とは、江戸の高台にあたる麹町・四谷・牛込・小石川・本郷などの地域です。対して下町は、御城下の町という意味で、京橋・日本橋・神田を指していたようです。

 高台になっている部分に武家屋敷や寺社が広がり、山の手となっていたことから、今でも田端から上野まで続くJRの線路沿いの崖が続くあたりや、湯島天神(文京区湯島)あたりの標高差がはっきりしているあたりを、境界とする説があります。

田端駅近くの崖。右手が「山の手」という説も(画像:(C)Google)

 どちらにせよ、江戸の町は現在の東京よりも小さく、山の手と下町のどちらも範囲が狭かったのです。

浅草は「真の下町」にあらず?

 次第に市街地が拡大すると、この範囲が広がっていきます。

 江戸時代の後期には、下谷や浅草も下町ということに。今では下町の「本場」のようになっている浅草ですが、神田や京橋の住人にしてみれば、真の下町ではないというわけです。

浅草の位置(画像:(C)Google)

 これは漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でも何度も使われているネタなので、知っている人も多いことでしょう。

 山の手と下町の範囲が本格的に広がるのは、大正時代以降です。

 まず、下町から見て隅田川の向こう岸だった本所や深川も下町と呼ばれるようになります。昭和初期には、現在の墨田区・江東区も下町の一部として認識されるようになったわけです。

 対して山手線の内側が西側の端だった山の手は、1923(大正12)年の関東大震災を契機にさらに西へと進みます。もとは郊外の農村地帯だったところが住宅地として開発され、新たな山の手となっていったわけです。

柴又も「新しい下町」だった


【住みたい街ランキング2020】上位にランクインしている東京「山の手エリア」をチェック!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200628_shitamachi_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画