東京でアニメキャラに会える街5選 葛飾、世田谷、荒川……さて、何の作品かお分かり?

地方ではアニメのキャラクターを活用した町おこしが盛んですが、東京にも数々の有名作品のキャラたちに会える街があります。皆さんはいくつご存じですか?


世田谷……昭和の日本を代表する一家の銅像

 サザエさんの街、世田谷区桜新町へは2008(平成20)年に初めて訪れました。さすがにサザエさんの町だけあって、あちらこちらにサザエさんの絵があります。「サザエさん通り」というのもありました。

 この通りをまっすぐ進むと長谷川町子美術館(同区桜新町)があります。長谷川町子さんは漫画『サザエさん』の作者ですね。サザエさんに関する資料なども多数展示してあります。

サザエさんの町、桜新町のあちらこちらに磯野家の人々の銅像がある(画像:増田剛己)

 そして、テンションが上がるのはオリジナルグッズが売られている売店です。このとき買ったトートバッグは、持ち手のところがボロボロになってしまいましたが、気に入っていてまだまだ買い物のときに使っています。

家からひょっこり出てきたような等身大サイズ

 2012年にこの桜新町にサザエさん一家の銅像ができたというのをニュースで知りました。その後、話題になったのは波平さんの髪の毛が抜かれ、持ち去られるというニュースです。

 見に行こうと思いながらも、なかなか行けず、やっと行けたのが2014年。銅像はひとつではなく、街のあちらこちらにサザエさんの銅像がありました。サザエ、カツオ、ワカメ、タラ、マスオ、波平、フネといった磯野家の顔ぶれもそろっています。

 駅からすぐの場所や、サザエさん通りをまっすぐ行った交番の前などにいました。

波平の銅像は、たった1本しかない頭髪を持ち去られるという被害に遭ったことも(画像:増田剛己)

 まさに等身大といったサイズ感なので、磯野家の人たちがそのまま家から出てきたような雰囲気です。いっしょに記念撮影するのもアリですね。銅像を見ながらご飯をいただける飲食店があったりして、楽しみもいろいろです。

 町の名前の通り、桜が多く植えられているので花の咲く季節に訪れるのもいいでしょう。秋は秋で桜の葉がオレンジ色に色づいて、これもまた見ごたえがあります。

南千住……少年がボクシングに明け暮れた街角


【画像】記事で紹介したアニメのキャラを一気に見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200627_anime_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画