現代の若者が平成文化の「不完全さ」をエモく感じる理由

流行は繰り返す、とは言いますが、令和の若者たちが今、熱視線を送っているのは「平成後期」のアナログなアイテムたち。どんなところに彼らは魅了されているのでしょうか。Z総研トレンド分析担当の道満綾香さんが解説します。


ポケモンもすでに「なつコン」

 それから、「美少女戦士セーラームーン」や「おジャ魔女どれみ」といったアニメのキャラクター。

 また1997(平成9)年から開始し現在も放送中の「ポケットモンスター(ポケモン)」も、現代の若者には“懐かしい”コンテンツのひとつとして注目されているのだとか。

「美少女戦士セーラームーン」25周年プロジェクト公式サイトのスクリーンショット(画像:(C)武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション)

 彼らがよく使う動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」では、こうした当時のアニメ動画に載せて最近人気のラップ曲を流すといった、新旧文化の融合を感じさせる“チルい”動画をいくつも見つけることができます。

 ちなみに「チルい」とは、英語の「chill out(チルアウト)」が語源で、くつろいだ様子を表す若者用語です。

往年のキャラが24年ぶりの快挙

 懐かしキャラの復権は、アニメ以外にも。

 サンリオ(品川区大崎)が毎年行うファン投票「サンリオキャラクター大賞」では2020年6月、犬のキャラ「ポチャッコ」が24年ぶりとなるトップ3入りを果たしました。

 Instagramを検索すると「#ポチャッコネイル」や「#ポチャッコカフェ」といったハッシュタグが見つかり、若い女性たちの人気ぶりがうかがえます。

Instagramで「#ポチャッコカフェ」というハッシュタグが付けられた投稿一覧のスクリーンショット(画像:ULM編集部)

 そして、平成のギャルたちがガラケー(携帯電話)をラインストーンやキーホルダーで飾り立てた「デコる文化」。

 現代の東京ではラインストーンではなくステッカーでデコるのが主流らしく、スマホの背面やペンケースにステッカーを所せましと貼りまくっている若い女性たちに何人も出会いました。

手に入れられない「不完全さ」


【懐かしい……】インスタントカメラで撮ったノスタルジックな写真を見る(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_analog_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画