リモートワーク時代到来で「東京の価値」は下がらず、むしろ上がるワケ

コロナ禍を通して世の中のさまざまな価値観が大きく変わり始めている現在、東京の価値や存在感は今後どのようになっていくのでしょうか。『みんなで豊かになる』などの著作がある、経営コンサルタントで経済思想家の倉本圭造さんが解説します。


決してなくならない「集まることの価値」

 私(倉本圭造)は経営コンサルタント業のかたわら、いろいろな個人たちと「文通」を通じて人生相談をする仕事も行っています。そこでのリモートワークに対するその人たちの反応は、本当にさまざまでした。

「めちゃくちゃうれしい。もう一生リモートでいい」という人もいれば、最初の数日から「さみしいです。なんかメンタルが変で元気がなくなりました」という人もいました。

 読者のあなたはリモートワークが大好きなタイプの人ですか? それとも、ずっと家にひとりでいるのは耐えられないと思うタイプでしょうか。

リモートワークのイメージ(画像:写真AC)

「コロナ後の日常」が戻ってくるにつれて、一部の日本の会社はリモートワークを強引に取りやめてしまったため、その事に対する呪詛(じゅそ)の声をSNSでよく見るようになりました。

リモートと非リモートの使い分けが大切

 ただ、私のクライアントである「経営者側」の人は、リモートの有効性を理解しつつ、例えば「単純作業はいいけど、社員の指導とかチームで売り上げを取りに行く勢いとかを維持できるかが不安なので、完全なリモートにはしないと思う」と考える人も少なくありません。

「アタマの固い日本企業はこれだからダメなんだよ」と思うかもしれませんが、“あの”グーグル本社ですら「完全リモート」に現時点で否定的ということを考えると、「作業だけに没頭したい個人主義者」タイプの人には認めたくない合理性が、やはり「オフィスに集まること」にはあると言えるでしょう。

実際の会議イメージ(画像:写真AC)

 なにより実は「経営者側」の視点からすれば、「東京郊外からリモートでできる仕事」は「大卒初任給が数万円ぐらいの新興国」にまるごと投げてしまってもいいんじゃないか……という話もチラホラ出てきています。

 ということもあり、「働かないオッサンどもめ」と苦々しく思っているあなたの仕事まで完全リモートの世界では失われてしまうかも?……と考えると、やはりある程度「集まることの価値」を認めあって生きていく意味はあるはずです。

 大事なのはオフィスに集まることの価値がある場合はオフィスでやりつつ、リモートの方がいい仕事で無理に集まったりしない……そういう「使い分け」ができることですよね。

「多様な選択肢」が生まれる


【調査結果】リモートワーク人気で注目の「地方移住」、興味ある人はいったい何割いる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画