外出自粛で「ケーキ通販サイト」の売り上げを爆増させた消費者の根源的欲望

2020年6月8日

ライフ
ULM編集部

外出自粛中、ちょっとしたストレス解消の意味も込めてケーキなどの甘い物を食べる人が多かったよう。その影響でしょうか。ケーキ通販サイトが、前年同月比2.5倍の売り上げを記録しました。


クリスマス期を上回る需要が殺到

 フラッシュパーク(新宿区西新宿)が運営するケーキ通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は2020年5月、2017年1月のサイト開設以来、過去最高となる売り上げを記録。前年同月比は2.5倍で、毎年クリスマス需要などで最も注文が増える12月を大きく上回る成績を残しました。

ケーキ通販サイト「Cake.jp」の売り上げ推移(画像:FLASHPARK)

 その伸長ぶりはグラフを見れば一目瞭然。好調の背景をあらためて同社に聞いてみることにしました。

何でもない日にもプチぜいたくを

 答えてくれたのは、同社マーケティング部の佐藤さくらさん。

 取り扱っているのは全国300店舗以上の、いわゆる「町の洋菓子店」のケーキやスイーツ。巨大資本に押されがちな小さな個人経営店を応援しようと通販事業を開始して以来、年々加盟店やサイト利用者を増やしてきましたが、今回のコロナ禍需要の伸びは社内でも驚きをもって受け止められているようです。

 購入動機で最も多いのはやはり誕生日で、全体の8割ほどを占めるとか。また2020年は送別会や「母の日」なども自粛期間と重なったため、例年以上に注文数が増えたといいます。

見ているだけでも楽しくなってきそうな「Cake.jp」のウェブサイト(画像:フラッシュパーク)

 一方、注目したいのは、そうしたイベント・行事に限らない「何でもない日のプチぜいたく」用に家族で食べるケーキの注文も普段以上に増えたこと。

「遠出のレジャーや旅行ができず、また家族で過ごす時間が長くなった自粛中に『たまには皆でケーキを囲んでゆっくり過ごそう』と考える人が増えたようです。やはり甘い物はストレスを和らげてくれるのか、ケーキはもちろん、そのほかのスイーツ商品もおおむね好調でした」

と佐藤さんは話します。

サプライズ演出は通販ならでは?


【知ってる?】テレビでも紹介された「おむすび」にしか見えないケーキ(11枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200608_cake_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画