ガールズパワーは政治を超える 完全定着「韓国コスメ」、次に来るのは中国だ

日本。東京の若い女性にすっかり定着した韓国コスメや韓国メイク。その背景と、次にブレークする予感の「中国メイク」について、Z総研トレンド分析担当の道満綾香さんがヒアリング調査を基に解説します。


あこがれの芸能人と同じものを

 韓国コスメ人気の先駆けといえば、ティントリップと言われています。

 日本にはなかなか無かったパキッとした鮮やかな発色に加え、落ちにくく、グラデーションを作れるリップは今でも大人気。

 以前、指原莉乃さんが自身のツイッターでETUDE HOUSEのティントリップを紹介したときには同じ色のリップが品薄になる店舗も出るほどでした。

ふんわりとした甘めの印象が特長の韓国メイク(画像:ETUDE HOUSEウェブサイト、アモーレパシフィックジャパン)

 SNSが発達したことで芸能人やインフルエンサーらが実際にどんな化粧品を使っているのか知る機会が増え、また指原さんのように、本人たちが進んで発信してくれる情報に触れる場面も多々あります。

国境を超える「カワイイ」探し

 当然それは日本国内に限りません。本場・韓国の魅力的な有名人の情報を知ることも可能となり、あこがれのK-POPアイドルが使っている化粧品を自分も実際に買ってみた、という女性も多いのです。

 少し前なら「若い女性たちの間で韓流(はんりゅう)がブーム!」とニュースにされることもありましたが、今や特別に韓国の何かが好き、というわけでなくとも皆何かしら韓国コスメアイテムを持っていて、韓国メイクをするのがひとつの選択肢として当たり前になっているほど、非常になじみ深いものとなりました。

 そんな韓国コスメをめぐっては、メーキャップ用アイテムだけでなくスキンケア商品も定着の兆しを見せています。

スキンケア商品の高いハードル


【画像】流行中の「韓国メイク」と「中国メイク」の比較を見る(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200530_asian_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画