まだまだ外出自粛の今、東京のド真ん中に緑あふれる「キャンプ場カフェ」がわざわざオープンする理由

2020年5月28日

お出かけ
ULM編集部

ビルが立ち並ぶ東京都心のど真ん中に、「ほぼキャンプ場」なカフェがオープンするそうです。一体どんなカフェなのでしょうか。


キャンプの醍醐味を知ってほしい

 そこにはやはり、山口さん自身のキャンプに対する熱い思いがあります。

「屋外で仲間と飲み交わすお酒は、本当においしいものです。現代の社会生活では、つい成功や幸せをイコール出世やお金と考えたり、仕事のことばかりで悩んだりしがちですが、キャンプではもっともっと本質的な人間関係を築くことができます。この素晴らしさを多くの人に伝えたい、そう思ったことが動機です」

 また、キャンパー人口を増やしたいという狙いも。

 道具をそろえて、テントの張り方やランプの灯し方を覚えて、大きなリュックサックを担ぎ、遠くの山まで出掛けるのはちょっとハードルが高い……と、挫折してしまうキャンプ未経験者たちに向け、山口さんは

「まず先に、キャンプそのものの醍醐味(だいごみ)を知ってもらいたいです。ひとたび楽しさが分かれば、きっとリアルなキャンプも体験してみたくなるはず」

と期待を寄せます。

 特に、新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」は解除されたものの、県をまたいだ移動についてはまだまだはばかられる状況です。

「ストレスを抱えた状態を癒やすのに、キャンプの力は絶大」と山口さん。東京都外へ出づらい今こそ、同店を活用してほしいと呼びかけます。

天然の樹木を大胆にあしらった店頭。奥にはハンモックも(画像:信光オールウェイズ)

 店内は座席と座席の間に距離を取り、ガラスの折り戸はフルオープンにして通気を確保。

 卓上にあるQRコードを読み込んで表示されるメニューから注文でき、そのまま電子決済が済むのでお会計の際に金銭のやりとりも発生しないといった具合に、感染対策にも細心の注意を払っているそうです。

 営業時間は朝8時から夜の22時まで。ラストオーダーは21時とのことです。


【画像】「ほぼキャンプ場」カフェの内観とメニューを見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200528_camp_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_camp_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_camp_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_camp_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200528_camp_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画