テレワークならぬ「寺ワーク」がオヤジギャグのようで、実はとっても理にかなっている理由

港区芝にある 正伝寺で2020年5月25日(月)から、テレワークならぬ「寺ワーク」と名付けた本堂の無料開放が始まりました。ダジャレかな? と、あなどることなかれ。お寺はこの上なくテレワークに向いた場所でもあるようです。


お寺の数はコンビニより多い

 文化庁の宗教統計調査(2019年度版)によると、2018年12月31日時点の全国の寺院(宗教団体)の数は7万6872に上ります。

 一方、日本フランチャイズチェーン協会の統計で全国のコンビニ店舗数は5万5772軒(2020年4月現在)。よく言われる「お寺の数はコンビニより多い」という話は本当なのでした。

 多くの場合、民衆を救済する目的で全国各地に多数建立されて以来、変わらずその役割を果たしてきたお寺。コロナ禍の現代にその存在意義をあらためて感じる人も、少なからずいることでしょう。

正伝寺の外観(画像:(C)Google)




「寺ワーク」の実施日時は25~29日の10時から16時で、状況に応じて期間延長も検討中だそうです。利用には事前登録が必要です。

 ちょっと気分を変えて仕事をしたいとき、静かに気持ちを整えたいとき「寺ワーク」という選択肢はいかがでしょうか。


【寺ワーク】無料開放される「お寺」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200525_terawork_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200525_terawork_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200525_terawork_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200525_terawork_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画