1990年代 皆がおしゃれを競って、センスを磨いた「セレクトショップ」をもう一度

1990年代から急激にその名が知られることとなったセレクトショップ。その歴史について、20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


1996年時点の温度感は

 1990年代の新聞記事では、まだセレクトショップにちょっとした説明を加えています。

現在のセレクトショップのイメージ(画像:写真AC)

 例えば、ファッション業界のバイヤーを取材した『日刊スポーツ』1996年9月7日付の記事には、こんな記述があります。

「新ブランドを見いだすのが、いわゆる商品を買い付ける『バイヤー』と呼ばれる人たちだ。そして、優秀なバイヤーがいるのが、百貨店、『オンワード樫山』などのアパレル会社、総合商社などと伍(ご)して、インポート(輸入)ブランド商品を扱う『セレクトショップ』と呼ばれる高級専門店。その代表的存在が大手化粧品メーカー資生堂グループの「THE GINZA」で、これまで、プラダ、ダナ・キャラン、ジョンガリアーノ、アライアなどを真っ先に日本に紹介した実績がある」

 文中の「ブランド商品を扱う『セレクトショップ』と呼ばれる高級専門店」という説明的な書き方をしていることからも、セレクトショップという言葉がまだあまり定着していなかったことがわかります。

国際色豊かだった「南青山Uゾーン」

 しかし、この言葉は急速に普及していきます。

 特定のブランドで全身をコーディネートすることが主流だったバブル期と比べて、ファッションの潮流は1990年代半ばから大きく変わっていきます。

 とりわけ注目を集めたのは、「南青山Uゾーン」です。南青山Uゾーンとは、表参道から根津美術館(港区南青山)へと続く「フロムファースト通り(みゆき通り)」と六本木方面に通じる「骨董(こっとう)通り」を結ぶ、根津美術館前のU型に広がった地域を指します。

青線が「フロムファースト通り」、赤線が「骨董通り」(画像:(C)Google)

 この周辺は、バブル期に世界の有名ブランドショップが並び、「インターナショナル・ブランド・ストリート」と呼ばれていました。それが、1997(平成9)年頃になると様子が様変わりします。

 周辺に店舗を構えていた「ボールルーム」などのセレクトショップが活況なことを受け、海外のセレクトショップの出店も目立つようになっていったのです。

 バブル期を通じ、ファッションで自己主張をすることを学んだ日本人はその後、ブランド自慢ではなく、独自のセンスで主張することを覚えていったのです。そのための手段としても、セレクトショップは極めて有効だったというわけです。

セレクトショップの真価とは


【全国の独身男女に聞きました】あなたはチェーン店派? それともセレクトショップ派? 洋服の購入場所に関するアンケート結果を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/200518_select_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画