「アム活」「なんちゃってダンス」2018年インスタ流行語が決定、動画共有アプリ背景に

2018年にインスタグラムで流行ったハッシュタグの「流行語」が発表されました。その背景には、あの動画共有アプリの存在などがありました。


造語の背景に「人びとの自己顕示欲」

 これらの言葉が選ばれた背景について、パスチャーの担当者は次のように話します。

「ハッシュタグはこれまで、出かけた場所やお店の名前などが多かったのですが、2018年は造語がトレンドになりました。これまであった言葉の言い回しを変えて造語を作ることで、インスタグラムユーザーが自分の世界観を表現するようになったのです。ひとことで言えば、自己顕示欲が増したということ。その流れを動画共有アプリのTikTokやYoutubeなどのツールが後押ししています。

 来年もこのようなトレンドは続きます。その一方、『インスタ疲れ』する人も出ているため、より個性の際立つハッシュタグを数個つけるだけで、静かにフォロワーを増やしていく人も増えると予想されます」

旅行先や訪問したお店を投稿するだけの時代は過去のものに? 写真はイメージ(画像:写真AC)




 その使われ方が日々進化するインスタグラム。早くも2019年の流行語が気になるところです。


この記事の画像をまとめてみる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2018/11/181112_insta_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/11/181112_insta_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画