昭和レトロな「オンライン スナック」本日開店 カメラ越しの人生相談に熟練ママの回答は……?

2020年5月14日

ライフ
ULM編集部

新型コロナウイルスの影響で一気に拡大したオンライン利用。新たなサービスとして2020年5月14日(木)夜、「オンラインスナック横丁」がオープンします。一体どんな場所なのか、その様子をのぞいてみると……?


実店舗より気軽に入れるというメリット

「杉の子」の実店舗があるのは渋谷区の道玄坂。京王井の頭線・渋谷駅からほど近い一画です。けれども東京都による夜間の営業自粛要請を受けて、目下のところは休業中。こよい、ママ自身も自宅からの参加です。

スナック杉の子の薫子ママ(左)と参加者たち。途中、男性のひとりが妻を呼び込んで夫婦参加する場面も(2020年5月13日、遠藤綾乃撮影)

 オンラインスナック横丁を立ち上げたのは、PR会社「Make.」(千代田区大手町)代表の五十嵐真由子さん。自身もスナックが大好きで、これまでに訪れたスナックは全国約450店舗という、自他ともに認める「スナ女」です。

 大好きなママやマスターたちのお店が新型コロナの影響で休業に追い込まれるなか、

「少しでもお店の支えになりたいという気持ちはもちろん、スナックの常連さんたちや行ったことはないけど誰かと話をしたいと思っている人たちにも、スナックを体験してもらう機会になれば」

と、企画の意図を話します。

 たくさんの小さなスナックが立ち並ぶ横丁を訪れて、お店をひとつずつのぞいて歩くような感覚を楽しむ――そんなコンセプトの同企画。特設サイトには開店中のスナックとママたちの画像一覧が並んでおり、利用者は「どのお店にしようかな?」と迷いながらフラリと立ち寄っていくイメージです。

 選んだお店の専用ページ内で「ほかのお客様と相席 60分」「1対1 60分 + ママ乾杯ドリンク付き」などのメニューと希望の開始日時を選んで、予約を入れる仕組みとのこと。

 五十嵐さんは、

「お店によってママの個性もさまざまです。明るく元気に盛り上げてほしいとき、しっとり静かに話を聞いてほしいときなど、そのときの気分によってお店を選ぶのも楽しいはず。

 オンラインでの来店は、実際のお店の扉を開けるよりも気軽かと思うので、スナックを初めて利用する人にもお勧めしたいです。初めてのお客さんとお店との出会いが生まれれば、コロナ収束後に実店舗を訪れる機会になるのでは」

と期待を寄せます。

「コロナが終わったらお店で会いたい」


【画像】あなたには誰がぴったり? オンラインの個性豊かなママたちを見る(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200514_snack_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画