【東京人の妄想旅行】外出自粛に疲れた今こそ、脳内でドライブ! 「高知・室戸岬」をぶっ飛ばそう

新型コロナウイルスの影響で、旅行もままならない今日この頃。それならせめて妄想の旅行へ繰り出すのはいかがでしょうか。コピーライターのカシハラヒデコさんが高知・室戸へのたびにいざないます。


混雑と無縁の国道55号をただひた走る

 ドライブコースは、「すっきり街道」こと国道55号線。

 徳島からレンタカーを借りて入るのですが、高知の東側は車の通りが少なく、爆走できるのもすっきりポイント。爆走といっても速度じゃなく距離のこと。軽く100km以上走れるので思う存分車乗りたい欲が充足できるのもいいところ。ほとんど車のない道を走りまくる快感には変えられません。

 田舎の道なので車も少なく自分のペースで走りまくれます。東京では免許を持っていても爆走などなかなかできるわけもなく、近隣に行っても国道は混み混みなのが難点。その点、高知あたりではこころおきなく爆走できます。

 ああ、ほんと爆走したい……。それでは妄想旅行のはじまりです。

徳島~高知を結ぶ国道55号線から臨む景色は最高(画像:カシハラヒデコ)

 国道55号線を進み徳島の牟岐(むぎ)町を過ぎると海岸線が広がり、見えてくるのは海陽町・鞆浦(ともうら)の幻想的な光景。お遍路でも有名な場所なので、車道の脇を歩くお遍路さんがちらほら。四国だなぁとしみじみした気持ちになってきます。

 室戸にかけての国道55号は日本三大ドライブコースになるほどの海岸線。もうドライブだけで気持ちが楽しくなってきます。

 そしてその先には、近づいてくる、近づいてくる。うっすらと何かが見えます。遠くの海岸線から見える岩の姿は絶景。これは夫婦(めおと)岩という名所ですがとにかくドライブコースから近づいてくる岩の姿がたまらない。

 室戸には地層マニアから注目のジオパークも設置されています。この周囲には約4000万~3500万年前の深海底でできた地層、タービダイト層が隆起し地表に現れたという岩場が一面に広がっており、ますます心が沸き立ちますね。

ノスタルジックな水族館で味わう清涼


【画像】今は妄想で……魅力満載「高知」の旅先を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_kochidrive_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画