少数精鋭で独自路線 ミッション系最難関「上智大学」とはどのような大学なのか

ミッション系大学の中で最難関とされる上智大学。その歴史は意外にも苦難との戦いでした。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


就職にも強い

 なお2018年度卒業生の中で就職希望者の就職率は97.7%と、極めて高い数値を出しています。

 インターンシップ支援では、参加者の中に別途「上智枠」を設けている企業もあり、大学のブランド力やこれまでのOB、OGの実績が後輩へと受け継がれています。就職先の上位には、アクセンチュアや全日空、日本航空、三菱UFJといった大企業が名を連ねています。

 また、入学したばかりで将来へのビジョンがまだ見えない新入生向けに、キャリアセンター制作の冊子「SOPHIA STYLE」が毎年配布されています。その中では卒業生の4年間や就職活動のリアルな声を伝える取り組みを行っており、先輩たちに重ねて新入生自身が4年後を見据えることができます。

冊子「SOPHIA STYLE」の表紙(画像:上智大学)

 前述のように、上智大学は創立当初から苦難の道を歩みましたが、戦後は周囲からの支援によって着実に発展しました。

 現在の人気も、国際的な雰囲気の中で切磋琢磨(せっさたくま)してきたたまものと言えるでしょう。


【調査結果】上智大学は何位? 3月発表「THE世界大学ランキング日本版2020」の結果を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200503_jochi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画