アニメの登場人物からYouTuberまで 現代の若者の「推し」が驚くほどバラバラな理由

アニメからバンド、YouTuberまで。現代の若者が「推す」対象は、驚くほどに皆バラバラです。「好き」多様性はなぜこれほどまでに進んだのか。Z総研トレンド分析担当の道満綾香さんが解説します。


常に新しいコンテンツに触れる若者たち

 なぜ現代は、これほどまでに個々人の「好き」がバラバラなのでしょうか。

 Z世代の若者の流行を調査・分析する私たち「Z総研」は、彼らが常に新しいコンテンツに触れやすい環境にあることがその一因だと考えます。

 Z世代はSNSを日常的に使っており、友達とコミュニケーションを取るだけでなく情報収集の目的でも積極的に活用しています。リアルの友達とつながっているアカウントとは別に、「推し事」関連の情報を集めることだけに特化した専用のアカウントを作っている人も少なくありません。

 彼らに話を聞いてみると、「推し」の投稿を見たり情報収集したりする中で、ほかのユーザーからのシェアなどを通して新しい推しを見つけたり、もともと推しという存在はいなかったけど人に勧められて見てみたらファンになってしまったり、たまたま見かけたコンテンツに気づいたらドはまりしていたりと、実にさまざまな場面や方法で推しに出会っているようです。

 いくつもの投稿が流れていくTwitterやInstagramのタイムライン。YouTubeに表示される「あなたへのおすすめ」欄。偶然目に留まったTikTok……。

 少し古風な少女漫画に、朝、通学途中の曲がり角で偶然ぶつかった相手にひとめぼれをする……というエピソードがありましたが、SNSを使いこなす現代の若者はそうした「偶然の出会い」や「出会いがしらの恋」を、1日に何度も経験しているようなものなのかもしれません。

あの曲がり角を曲がった先に、また新しい出会いが待っているのかもしれない(画像:写真AC)

 SNSの普及などによって、情報の発信者も数えきれないほどに増えています。意図せず出会う無数の情報やコンテンツの中から、自分の好きなものを選び出す。これが、若者それぞれが多種多様な推しを持つようになった背景だと考えられます。

オンライン化により加速する「推し事」


【調査】アニメ、漫画、ゲーム……自宅での過ごし方も実にさまざま

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200502_otaku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画