新型コロナで話題の「9月入学」、実はかつての日本で主流だった

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、話題となっている学生の「9月入学」案。その歴史と実施後の懸念について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


偶然が重なり合って4月年度初めになった日本

 日本はほぼ全ての年度が、4月に始まり、3月に終わるシステムを採用しています。

 世界を見回してみると学校年度と会計年度を統一していない国は多く、中国や韓国、ドイツ、フランス、ロシアの会計年度は1月からとなっています。

 これらの国の中で、学校が9月から始まらないのは韓国(3月新年度制)だけです。他にも、アメリカの会計年度は10月始まりとなっているのです。

 日本の年度が全て4月で統一されたのは、1886(明治19)年4月から会計年度にイギリス方式を取り入れたことや、軍の入隊届け出日を9月1日から4月1日に変更したことが発端です。

 時を同じくして、教員養成機関である東京高等師範学校(現・筑波大学)が創立し、他の学校は新年度が9月から始まるところを、同校は4月と設定したのです。

筑波大学のキャンパス内の様子(画像:(C)Google)

 このことは、他の学校にも影響を及ぼしました。

 明治政府が西洋の制度を取り入れた9月入学は1887年前後から徐々に形骸化していき、大正時代に入ると高等学校、そして1921(大正10)年には帝国大学も4月入学に変更。現在に続く学校年度が定着しました。

秋入学実施の有名大学も

 ここまで日本独自の「全ての年度始め = 4月」の経緯をたどってきましたが、世界から見ると完全に「ガラパゴス化」しているといっていいでしょう。

 こうした状況に危機感を覚えた東京大学(文京区本郷)は、2012年に秋入学実現を提唱し、本格的に議論した時期もありました。しかし企業や高校は従来通りの4月新年度ということもあり、結局計画は頓挫。現在に至ってます。

東京大学の外観(画像:(C)Google)

 しかし本格導入は断念したものの、東京大学や上智大学(千代田区紀尾井町)をはじめとする有名大学では秋入学・入試を積極的に行い、海外の優秀な学生や日本人帰国子女の受け入れを行っています。

 経済界でも、秋入学の待望論は海外に事業展開する企業から出ていますが、教育機関以外はほとんど行われていないのが実情です。最高学府である大学でさえ、秋入学・入試の対応がはっきり分かれていることを踏まえると、まだまだ温度差は否めません。

日本全体を再構築するに等しい行為


【1000人に聞きました】新型コロナの感染が収束したら、あなたは日本社会が変わると思いますか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_kugatsu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画