白金の地に130年 日本最古のミッションスクール「明治学院大学」とはどのような大学なのか

都内の私立大学として創立が古いにも関わらず、なかなかその素性が知られていない明治学院大学。そんな同大の魅力について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


ミッション系の文系大学の伝統を貫く

 このような古い歴史を持つ明治学院大学ですが、他の有名大学が学部を増やす路線を選んだのとは対照的に、文系のみの6学部16学科、7研究科12専攻で構成されています。

 創始者のヘボンは医師だったため、純粋な文系大学となったのは何とも皮肉な結果ですが、ヘボン自身も横浜で診療所を開設していた傍ら、日本最初の和英辞書を編さんするなど、欧米式の医学の普及より、英語教育に力をいれていたのです。

横浜キャンパスの位置

 もしヘボン自身が公的機関や私塾で欧米式の医学を教える機会があったならば、明治学院大学の歴史も大きく変わっていたかもしれません。しかし1985(昭和60)年、広大な横浜キャンパス(横浜市戸塚区)が開校したものの、その前後においても理系学部設立の動きはみられませんでした。

 なお明治学院大学は1~2年次、主に横浜キャンパスで、3~4年次は白金台キャンパスで学ぶシステムを導入しています。横浜キャンパスの交通の便はお世辞にもよくありませんが、欧米の大学と同様、郊外型のキャンパスは学生が集中して勉学に励むのにうってつけと言えます。

充実した就職支援体制

 明治学院大学の大学院進学率は3%台と、学部卒業とともに就職する学生が圧倒的に多くなっています。

 こうした現実を踏まえ、大学側も就職支援に本腰を入れており、単なる就活サポートではなく、ミッション系大学として「Do For Others(他者への貢献)」の重要性を説いています。

 3年生が受講できる就活ステップアップ講座は、かつて企業の人事担当者を務めたキャリアコンサルタントなどが講師を務めているため、「インターシップの特徴」「企業の欲しい人材」を就活前に詳しく知ることができます。

 就活生は単なる就職支援ではなく、就活の具体的な過程を学ぶことができるのです。

ミッション系の文系大学の伝統を貫く


【地図】話題の「高輪ゲートウェイ駅」近く! 明治学院大学をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200426_meiji_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画