王子駅と上中里駅の間にある謎の「三角形ゾーン」は一体どうなっているのか【連載】東京うしろ髪ひかれ地帯(1)

京浜東北線の上中里駅と王子駅の間にある「三角形」ゾーンについて、都内探検家の業平橋渉さんが解説します。


鉄道によって分断された街

 さてそんな気になるポイントの最寄り駅、京浜東北線の上中里駅はいつ行っても寂しい雰囲気が漂っています。都心からわずか20分あまりの東京のど真ん中。その先の王子駅や赤羽駅がにぎわっているのに、上中里駅だけはまったくにぎわっていません。

 駅前の団地にスーパーが1軒、滝野川へ登っていく「蝉(せみ)坂」にへばりつくようにして数軒の飲食店があるだけです。もっともその中の「町中華」が名店らしく、いつもにぎわってますが……。

 本来の目的である「三角形」の先のみならず、地図を見ると上中里は、1丁目から3丁目まですべてが鉄道によって分断されており、とても興味深い場所です。

北区上中里1~3丁目の様子(画像:(C)Google)

 詳しく解説すると、上中里駅があるのが1丁目、駅の横にある陸橋で京浜東北線と新幹線を越えて渡ったところが2丁目、その先の高崎線・宇都宮線の線路を渡ったところが3丁目です。

 とりわけ気になるのが「三角形」のある2丁目で、なんともカッコいい土地です。いくつもの線路によって閉じ込められたような形状で、まるで難攻不落な城のようです。

 実際に、上中里とつながっているのは1丁目方向に陸橋が2本、3丁目方向に踏切がひとつあるだけ。鉄道で分断され、出入りが限られたこのゾーンーー住んでいる人は不便かもしれませんが、それゆえに訪れる人も限られているはず。

 都会のど真ん中だというのに残された「最後の秘境」といった雰囲気で、カッコいい感じがするではありませんか。

ひそやかな生命力がある街並み


【画像】地味or渋い? 北区「上中里駅」周辺の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200415_kaminaka_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画