プロレス界の英雄「力道山」を思い、昭和の赤坂を歩く

伝説のプロレスラー・力道山をしのび、サンポマスターの下関マグロさんが赤坂周辺を歩きました。


デヴィ夫人に関係するビルも

 ホテルニュージャパンは、1982(昭和57)年2月8日未明に火災が発生。客の寝たばこが出火原因のようですが、33人も亡くなるという大惨事となりました。

 当時のテレビのニュースで、拡声器を持って報道陣に説明をするちょうネクタイ姿の社長・横井英樹の姿を覚えています。これだけ多くの人が亡くなったのは、横井社長の利益を優先するあまり、スプリンクラーなどをつけなかったのが原因だったと言われています。

 その後、建物は取り壊されないまま放置されており、上京した筆者はその様子を何度も目にしました。そんな状態が14年間続き、1996(平成8)年にやっと解体されました。

 跡地を整備するはずの千代田生命保険は破綻。紆余(うよ)曲折あり、2002年にプルデンシャルタワーが完成しました。

 外堀通りを1本入ったところに「コパカバーナビルディング」(港区赤坂3)があります。

「コパカバーナビルディング」の外観(画像:下関マグロ)

 ここにはかつてコパカバーナというナイトクラブがありました。インドネシアのスカルノ大統領(当時)がここで出会った女性と結婚。それが現在のデヴィ夫人です。

 コパカバーナは高級キャバレーというような言われ方をしていて、普通のサラリーマンが気軽に行くような店ではなく、かなりの金額が必要だったようです。赤坂にはそういった高級なナイトクラブがいくつかあったようです。

力道山が建てた高級アパート


【地図】今回出てくる全スポットを事前にチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_rikidozan_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画