現金給付か、商品券か 人のいなくなった東京を救う「国民目線」の緊急経済対策とは?

新型コロナウイルス感染拡大を受け、7日に発令された緊急事態宣言。実際に首相会見に参加したフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


いまだに手に入りづらいマスク

 とはいえ新型コロナウイルスのまん延によって、ドラッグストアの店頭からトイレットペーパーが消えたことは記憶に新しい出来事です。また、現在もマスクが手に入りづらい状況は改善されていません。

 緊急事態宣言の発令で、必要な食料・物資などの買い占めや不足といった事態が起きる可能性は否定できません。緊急事態宣言は、かえって混乱に拍車がかける可能性もあります。そのため、安倍首相も小池都知事も繰り返し記者会見などを開いて、そうした不安を解消することに努めています。

 4月7日に実施された緊急事態宣言を発令するための記者会見は、新型コロナウイルス対策のために3密を避ける措置が取られました。そのため、いつも使っている会見室ではなく、大ホールで実施されました。

緊急事態宣言を表明するための記者会見は、3密を避けるため記者を制限。席の間隔も配慮された(画像:小川裕夫)

 同記者会見では安倍晋三首相だけでなく、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働大臣、西村康稔新型コロナ対策担当大臣といった閣僚、そして専門家として新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長も同席しました。

繰り返される同じ主張と方針

 この記者会見で、安倍晋三首相は何を述べたのでしょうか?

会見には、安倍晋三首相(右)のほか、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長(左)も同席(画像:小川裕夫)

 記者会見で述べられた内容は、これまで政府が繰り返してきた主張・方針とほぼ変わりません。引き続き、食料品を販売するスーパーマーケットや衛生用品を販売するドラッグストアは営業しますし、病院や交通機関も通常通りとされています。

 新型コロナウイルスのまん延を阻止するために、政府は人が多く集まるような店の営業を休止するように呼びかけていますが、休業に対する補償はありません。

 また満員電車からの感染拡大を防ぐべく、リモートワークの推奨もしています。しかし、実態は満員電車が解消されていません。

国内の産業保護より迅速に講じるべき対策


【画像】「総理はつらいよ」? マスク着用で退席する安倍首相を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_kinkyu_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画