もう歓楽街じゃない? 錦糸町が都内屈指の「子育てタウン」に大化けしていた

錦糸町というと、ひと昔前まではちょっと猥雑(わいざつ)な飲み屋街というイメージが強かったかもしれません。しかし今や都内でも屈指の「子育て向けホームタウン」に急変化を遂げているのだそう。ルポライターの昼間たかしさんがこの街の魅力を語ります。


ベビー用品店は、都心部では希少価値

 ここまでそろっていると、都内では当たり前の「電車に乗って買い物へ」という日常は、この街ではほぼ消滅するのではとさえ思えてきます。少なくとも新宿や渋谷へ遊びや買い物に出掛ける必要性はほとんど思い浮かびません。

 そんな買い物が驚くほど便利な錦糸町。でも、ファミリーが住みたくなる街になっている理由は、単に店が多いからではありません。店のセレクトが絶妙なのです。

 子育て世帯にとって無くてはならない品物をそろえるアカチャンホンポが「アルカキット錦糸町」に、トイザらス系列のベビーザらスが「オリナス錦糸町」に。さらに、南口の「錦糸町パルコ」(同区江東橋)には、西松屋も入居しています。

 子育てに欠かせない店が三つも徒歩圏内にある地域は、都内でもなかなかお目に掛かれません。

アカチャンホンポはじめ子育て世代にうれしいテナントがそろうアルカキット錦糸町(画像:(C)Google)

 タワーマンションの建設などにより、子育て世代を含む新住民の都心への流入が加速してからずいぶんたちますが、都心部にはこうした安価な子ども向けの商品を販売する店はあまり存在しません。どこもブランド系列ばかりです。

 そのためか、最近では錦糸町は子育て世代が電車に乗って買い物に来る街へと変わっているのです。これらをベースに、世代ごとにツボを押さえた店がそろっているあたり各デベロッパー(不動産開発業者)はかなりさえているといえます。

 これまで歓楽街のイメージが強かった錦糸町ですが、北口に関しては、以前とは完全に別の街になっていると言っても間違いではありません。

 駅の近くにある巨大な「錦糸公園」は休日に行けば子どもたちが走り回っていて、すっかりのどかな郊外の住宅地になっています。

交通機関、地盤も折り紙付き?


【調査】男女で異なる「子育て」に対する考え方……調査結果を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200401_kinshi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_kinshi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_kinshi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_kinshi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画