職・住・遊・食の全てを完結――25日開業・ウィズ原宿は「旧駅舎ロス」を癒せるか?

3月21日にリニューアルしたJR原宿駅に加え、駅周辺の風景も次々とその姿を変えています。都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。


建物の全部がアットコスメ

 続いて紹介するのが、旧駅舎がある原宿駅東口の真正面に2020年1月10日(金)に開店した、化粧品口コミサイト「@cosme(アットコスメ)」の旗艦店「@cosme TOKYO(アットコスメ・トーキョー)」(同区神宮前1)です。

原宿駅の向かいにオープンした「@cosme TOKYO」。館内全てがアットコスメの店舗で、売り場面積はなんと約1300平方メートル(画像:都市商業研究所)

 アットコスメが出店したのは、2019年5月に閉店した「GAPフラッグシップ原宿」の跡です。

 これまでのアットコスメはネット販売を主体としてファッションビルや駅ビルなどに小規模な実店舗を展開していましたが、アットコスメ・トーキョーはそのイメージを覆す大型店。アットコスメが商業ビル内のテナントではない路面店(単独店)を出店するのも初のことです。

街に出る前に化粧直しができる

 館内に入るとまず目に入るのが、「ベストコスメアワード」の商品が陳列されたタワー。そのほか、アットコスメ最大となる広い売り場面積を生かし、店内には数多くの化粧品を試すことができる「テスターバー」や、芸能人やモデルを起用したライブ配信が行えるスペース「@STUDIO」、会員制のイベントスペースなども設けられています。

建物はデジタルサイネージで覆われています。エントランスに見えるのはベストコスメアワードのコスメたちでできたタワー(画像:都市商業研究所)

 駅からは横断歩道を渡ってすぐの場所。駅を降りたら街に出る前にテスターバーで化粧直しをしつつ、お気に入りのコスメを探す……といった使い方もできます。

施設内に道が設けられた作りに


【画像】4月25日オープン 「職・住・遊・食」の全てが詰まった「ウィズ原宿」の全容を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画