新型コロナに東京は持ちこたえられるか? 統計のプロが厚労省データを冷静に読み解く

感染拡大が続く新型コロナウイルス。東京で「感染爆発」は起こるのか、統計データ分析家の本川裕さんが、データを基に首都の現状を読み解きます。


東京・北海道・愛知・大阪を比較

 この推移を見ると、確かに、東京の感染者数の拡大は、これまで感染拡大が目立っていた北海道や愛知などを3月下旬から抜き去る動きを示しており、東京での感染爆発が懸念されるのももっともだと感じさせます。

「図1」主要感染地域の感染者数推移(画像:本川裕)

 しかし、人口10万人当たりの感染者数の推移を見ると、東京や大阪は最近伸びが著しい点は確かですが、まだ、北海道や愛知ほどのレベルに達した訳ではないことが分かります。

 また、イタリアのロンバルディア州では同指標が390人というレベルに達しているのと比較すると、なお「都市封鎖」という状況には遠いと言わざるを得ません。

 東京都が外出自粛を要請した25日に小池百合子知事は「行動力のある若い人は感染している自覚がないまま活動する」可能性が高いと警鐘を鳴らし、人々が多く集まる場所には出向かないよう呼び掛けました。

 そこで、若者が感染を広げる可能性が高いかに関するデータを確認してみよう。

 まず、年齢別の感染者数、重症・死亡者数のデータを次の「図2」に掲げました。韓国の例とも比較しています。

若者層が感染を広げる懸念は大きいか


【図表】記事のデータ表を一気に見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200330_tokyocorona_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_tokyocorona_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_tokyocorona_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_tokyocorona_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_tokyocorona_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_tokyocorona_01-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画