なぜ私たちはイベントに夢中になるのか? 「コロナで中止」の今こそ考えよう

新型ウイルスの感染防止のためイベント自粛が相次ぎ、街なかに閉塞感がただようなか、人気イベントプロデューサーのテリー植田さんが自身の「イベント哲学」を展開。自粛時こそイベントについて考える良いチャンスだと言います。いったいなぜでしょうか。


イベントは「人間が人間である確認作業」

 こんな不安感や虚無感の反対側にあるもの――。それは、きっと楽しみにしているイベントでのコミュニケーションから生まれる「安心感」や「多幸感」だと思います。

 アーティストや仲間との濃密な時間の共有。向かい合っての楽しい会話。握手やハグやハイタッチ。立食しながらの乾杯と会話。新しい出会い。新しい発見。イベントに参加した後の気持ちの変化。

 今、新型コロナ感染の影響によりイベント内で「やってはいけないとされているもの」がそのものです。

イベントで人々が集まるイメージ(画像:写真AC)




 リアルイベントというのは、イベントをやること自体が目的ではなく、大げさに言うとイベントを通して「人間が人間である確認作業」をやっているのだと思います。

 それは、SNS(会員制交流サイト)では味わえない、人間の情感の共有です。

 イベントは、出演者も参加者にとってもお互い愛情表現の場であり、愛情確認の場。その場のコミュニケーションにより相互理解が深まり、ポジティブな自己解放につながっていくのがイベントの醍醐味(だいごみ)です。

 友人と花見で久しぶりの再会と乾杯――。

 初めて見に行った、大好きなアーティストのライブで本人が登場した瞬間の興奮――。

 クラブで踊り狂い、ダンスミュージックの開放感を知った喜び――。

 音楽フェスで知らなかったアーティストのライブをたまたま見て、どハマりする体験――。

 美術館でピカソやダリ、ウォーホル、バスキアを初めて見たときの鳥肌感――。

 憧れの芸能人と書店でしゃべって握手し、写真を撮影してもらったサイン会――。

 本人の生トークを初体験し、想像以上の面白さに目覚めたトークライブ――。

 百貨店の駅弁イベントで最高にうまい弁当を見つけしまったときの「うまい」の一言――。

 初デートで行ったテーマパークで見たパレードの思い出――。

 喜びの記憶は、たいていイベントから生まれているのではないでしょうか。今回のコロナショックで中止になる数々のイベントから失われた喜びの数は、計り知れません。

収束後はもっとイベントを

 人間が人間らしく生きていくためには、好奇心と喜びが必要です。それを満たしてくれるイベントは、「不要不急」という世の中にとって都合の良い言葉には決して負けない「人間味」があると信じています。

イベントで人々が集まるイメージ(画像:写真AC)

 この非常事態が収まったあかつきには、日常が今までの日常に戻り、必ずまた非日常を楽しめるイベントができる日が来ます。

 今までよりもっともっとイベントを楽しめる日が、必ず絶対に。


【ビッグデータ × 人工知能 で見る新型コロナウイルスの影響】大型・屋内型レジャー施設への来訪、いったい何%減少した?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_03_2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200319_event_06-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画