昭和の香り漂う「あんバタートースト」が令和の現在人気のワケ

名古屋の喫茶店にルーツを持つ「あんバタートースト」が現在、人気を博しています。カフェライターの川口葉子さんが解説します。


令和のあんバタートーストの特長は?

「地域のお店とつながりを持ちながら地元を盛り上げたい。そんな思いから、もともとHOT BAGLESさんのベーグルを使ったメニューを提供していました」と、オーナーの田中宣彦さんは語ります。

「HOT BAGLESさんの食パンを食べたら風味も食感も良くて感銘を受け、ぜひお客さまにこのパンを食べていただきたいと思ったんです。トーストすると耳はバゲットのようなカリッとした食感になり、中はもちもちして、小麦粉の香りがふわっとたちのぼります」

 おいしいパンありきのあんバタートーストは、NORIZ COFFEEのセンスと神経の行き届いた仕上げによって、心をとらえる逸品になりました。

「NORIZ COFFEE」の外観と内観(画像:川口葉子)




 お客が待つテーブルに運んでいくと、まず「かわいい!」という歓声が上がります。程なくして、その声が「おいしい」に変わる瞬間がうれしいのだと田中さん。

 またNORIZ COFFEEのあんバタートーストやスイーツは、コーヒーを飲み慣れない人々のための補助線ともなっています。

 コーヒー豆は浅いりから深いりまで6種類ほどそろえてあり、オーダー時に田中さんが好みを聞いたり、スイーツとの相性をわかりやすくガイドしたりすることで、気軽にコーヒーとのペアリングに親しめるのです。

SNSでも話題に

 風味もルックスも麗しい令和のあんバタートースト。

 会員制交流サイト(SNS)にはNORIZ COFFEEをはじめとして各地のコーヒーショップで撮影された写真がずらりと並んでおり、それが新規のお客を増やすと同時に、自宅であんバタートーストをつくって楽しむ人々にもヒントを与えています。

コーヒーを入れる「NORIZ COFFEE」のオーナー・田中宣彦さん(画像:川口葉子)

 いま、コーヒーショップも家庭も含めた、新たなあんバタートースト文化が醸成されつつあるのです。


【1万人以上に聞きました】現在人気のベーカリー専門店 あなたは月に何回くらい買ってる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画