文部科学省が「学力テスト」延期に踏み切ったふたつの事情

萩生田光一文部科学大臣が3月17日、全国学力テストの延期を明らかにしました。その延期の裏にはいったいどのような事情があるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


統一日の設定が変更対応を難しくしている

 それではなぜ、文部科学省は全国学力テストの延期を決定したのでしょうか。

一斉休校と全国学力テスト延期のイメージ(画像:写真AC)

 4月中の実施を見送ったのには、ふたつの理由が考えられます。

 ひとつ目は、全国学力テストが毎年決められた日に行われることが関係しています。2020年は4月16日(木)に予定されていましたが、地域によって新型コロナウイルスの感染者数に差があり、開始の足並みがそろわない可能性があるのです。

 自治体ごとに別の日に行うことはテスト内容の漏えいリスクが伴うため、文部科学省としては避けたいことは間違いありません。

 学校は1年間の行事日程を組み、そこに各学年の社会科見学や修学旅行などの予定を組み込んでいくため、簡単に日程を変更することができません。

 今回の延期により、学力テストに参加する小中学校が統一したテスト日を改めて設けることは、不可能に近い状況といえます。

一斉休校で未習単元の存在も

 見送ったふたつ目の理由は、未習の単元(授業で計画された学習活動のひとまとまり)の存在です。

一斉休校と全国学力テスト延期のイメージ(画像:写真AC)

 小学6年生と中学3年生に対して行われる全国学力テストですが、その範囲は前学年までの履修単元となっています。

 つまり、全国の公立学校が3月2日(月)から一斉休校になったため、前学年の3月に習う予定だった単元を勉強していない状態でテストを受けることになります。

 こうしたハンディを考慮すると、過去のデータとそのまま比較することが理論上できません。そして、未習の単元への対応も子どもや家庭によって差が出てしまうのです。

未習単元を勉強したかどうか把握できない


【全国1200人に聞きました】あなたは「学校一斉休校」に賛成? それとも反対?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200318_test_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画