本日開業「高輪ゲートウェイ駅」 最先端技術と「明朝体」問題が同居、未来は一体どうなる?

3月9日に報道公開された、約半世紀ぶりに誕生する山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の今後の課題について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


急がれる駅周辺の開発

 そのほか、高輪ゲートウェイ駅では省人化を徹底するべく、人工知能(AI)やITをフル活用。ロボットが案内・警備・清掃を担当します。

 同じく駅売店は無人店舗となり、支払いはスマートフォンなどに搭載されたキャッシュレス機能がフル活用されます。

無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」(画像:JR東日本スタートアップ)

 未来を感じさせる高輪ゲートウェイ駅は開業を迎えますが、一方で駅周辺はいまだ開発途中です。JR東日本も2020年に駅を開業、2024年に「まちびらき」としています。

 2024年のまちびらきに合わせるべく、高輪ゲートウェイ駅と隣接する京急電鉄・都営地下鉄浅草線の泉岳寺駅でも駅の改良工事が始まっています。

 駅名は異なりますが、泉岳寺駅は高輪ゲートウェイ駅の目の前にあり、ほぼ同じ駅です。

 高輪ゲートウェイ駅が開業することで、泉岳寺駅の利用者が増加することは間違いありません。そのため、駅が混雑しないように、混雑しても利用者の安全が確保できるように駅ホームの拡幅が進められています。

 ひとまず駅は開業しますが、駅前を含む周辺整備は現在進行中です。駅ビルや駅周辺に飲食店・ショップなどが充実し、街がにぎわうようになるのはまだ先のようです。


【画像】3月23日から発売 「高輪ゲートウェイ駅の香り」って何?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200312_gateway_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画