アリ?ナシ? 新型コロナ自粛ムードの東京で「室内花見」が人気らしい

2020年3月12日

ライフ
ULM編集部

新型コロナウイルスの影響で、春の定番「お花見」も自粛ムード。そんななか、室内で造花の桜を楽しむ「室内花見」が東京でプチ流行しているもようです。


花は造花……でも幹は本物?

――ところで、飾られている桜は何でできているのですか。そして何本くらい飾られているのでしょうか。

 レンタルスペースごとにさまざまですが、本格的なスペースの場合、花は造花でも幹が本物だったりします。天井を埋めつくすほど桜が飾られている部屋もあって、屋外でのお花見以上に桜に囲まれる体験ができるかもしれません。

 ほかにも、ウォールステッカーによる装飾などで桜の雰囲気を楽しめるスペースもあります。

――なるほど。造花の桜でも、おいしいお酒と料理と一緒に楽しめば、実際の桜と同じように楽しめるのかもしれませんね。

 そうですね……実際のお花見って、桜が満開じゃなかったり、雨が降れば中止になったりと、なかなか条件がそろうのが難しいですよね。でも室内での花見ならいつでも満開の桜を楽しめます。雨天中止になることもないので、予定が立てやすいのもポイントですよ。

「室内花見」ができるレンタルスペース(画像:(C)インスタベース/「六本木パーティールーム Lounge-R-Premium」)

――ところで新型コロナウイルス関連で言えば、「手の届く距離に多くの人がいる」ことが集団感染を発生させるリスクのひとつとされています。こちらのレンタルスペースは利用人数は決めているのでしょうか。

 はい。スペースごとに利用人数の目安を定めています。インスタベースのサイトでは人数に合わせてスペースを検索することもできるので、参考にしてみてください。

室内で換気は大丈夫なのか


【画像】「室内花見」が楽しめるレンタルルーム画像

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画