アリ?ナシ? 新型コロナ自粛ムードの東京で「室内花見」が人気らしい

2020年3月12日

ライフ
ULM編集部

新型コロナウイルスの影響で、春の定番「お花見」も自粛ムード。そんななか、室内で造花の桜を楽しむ「室内花見」が東京でプチ流行しているもようです。


予約件数、例年より増加傾向

――早速ですが、この「室内花見」のレンタルスペースは、いつから始めたものなのでしょうか。

 桜の装飾をしたレンタルスペース自体は以前からありましたが、「室内花見」という特集を組んで大々的に紹介し始めたのは2年ほど前からです。

――外でするのが当たり前だと思っていたお花見が室内でできるなんて……。これはどのように生まれたアイデアなのでしょうか。

 季節のイベントに対応したスペースを提供できるよう、各スペースの運営者の皆さんのアイデアから生まれたものです。「室内花見」以外にも、インスタベースではこうした特長のあるスペースを取りまとめて特集を組むことで、集客に努めています。

――新型コロナウイルスの影響で、公園などでのお花見を自粛するムードが広がっています。「室内花見」スペースの予約状況は、例年と比べていかがですか。

 屋外で人気のお花見スポットとなると、どうしても不特定多数の人が集まってしまうため、この時期の開催は難しい面もありますよね。

 その点、レンタルスペースであれば個室かつ少人数での開催が可能です。予約数は例年よりも増加傾向にありますので、「個室」「少人数」というポイントに注目する利用者が増えているのではないかと思います。

 利用日直前の予約も多いので、これからさらに予約が増えるのではと期待しています。

「室内花見」ができるレンタルスペースで飲み会を楽しむインスタベース運営スタッフ(画像:Rebase/(C)インスタベース)

――ちなみに、どういった年代・性別・グループの利用が多いのでしょうか。

 女子会や子連れのママ会での利用など、やはり女性からの人気が高いですね。とはいえ男女問わず、会社の同僚や友人同士など幅広くご利用いただいています。

――SNS(会員制交流サイト)映えが半端なさそうなので、陽キャ(陽気な性格の人)&パリピ(パーティ好きな人)たちがこぞって利用するイメージがあります。地味な人でも利用してよいのでしょうか……(ドキドキ)。

 もちろん大歓迎です! むしろ屋外での花見のノリに付いていけなかった、という人でも、レンタルスペースなら自分たちのペースで楽しめるのでおすすめですよ。

花は造花……でも幹は本物?


【画像】「室内花見」が楽しめるレンタルルーム画像

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200311_indoor_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画