池袋から浅草へ 都営バス「1時間の小旅行」で見られる意外なまちの姿とは

池袋駅東口と浅草寿町を結ぶ都営バス「草63系統」の魅力について、まち探訪家の鳴海行人さんが解説します。


落ち着いた丘陵地の住宅街を楽しめる文京区内

 巣鴨駅を過ぎると文京区内に入ります。千石駅で広々としている白山通りを離れ、片側1車線の道になり、丘陵地に入っていきます。このあたりも各停留所での乗り降りが多く、バスが重宝されていることがわかります。

 西巣鴨から白山駅までの区間は都営地下鉄三田線の上を通っていますが、白山上から一瞬だけ地下鉄沿線を離れ、丘を越えて団子坂を下り、千駄木へ出ます。

団子坂下から坂を見た様子(画像:(C)Google)

 都営三田線沿いから東京メトロ千代田線沿いに一気に移動するわけですが、不思議とここが近いという印象は持ちにくい場所です。意外なショートカット区間として歩くこともできるので、知っておくと何かの時に使えるかもしれません。

 豊島区内に比べると文京区内では片側1車線の道を走る区間が長く、住宅地を近くに感じることができますし、豊島区よりも古く成立した住宅街、あるいは丘陵地の住宅街の雰囲気も感じられ、違いを楽しむと面白い区間です。

商店が立ち並ぶエリアから、明治通りへ

 さて、千駄木から少しだけ不忍通りを走ると道灌山エリアを抜けます。このあたりで進学校として有名な開成中学校・高校(荒川区西日暮里)の横を通り、西日暮里駅につきます。ここまでがおおむね文京区内の区間です。

荒川区西日暮里の開成中学校・高校付近の様子(画像:(C)Google)

 西日暮里からは荒川区内を走ります。今度は、下町的な密集した住宅地と古くからの商店が立ち並ぶエリアを抜け、再び明治通りへ入ります。

 拡幅されている通り沿いなのでマンションが多い区間ですが、荒川区役所(荒川区荒川)の横を抜け、東京メトロ日比谷線の三ノ輪橋駅近くで右左折をすると国際通りに入り台東区のエリアとなります。すると古い雑居ビルが目立ち始めます。

荒川区を抜け「カオス」な浅草エリアへ


【ひと目でわかる】都営バス「草63系統」の路線図をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200307_asakusa_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画