年収90万円なので東京で「野草採り」に挑戦してみたら得るものが多過ぎた【連載】大原扁理のトーキョー知恵の和(5)

何とは言えないのだけど何となく息苦しい。そんな気持ちでいる人へ、東京で週休5日・年収90万円という「隠居生活」を実践した大原扁理さんに生き方のヒントを尋ねる企画「トーキョー知恵の和」。今回のテーマは「東京と『野草』」です。


自分の「野草マップ」を描いてゆく

 ひとたび野草を発見すると、面白くなってきて、行動範囲がぐんぐん広がっていきました。私は国分寺市に住んでいたのですが、多摩川くらいまでなら自転車でよく行ってました。

 そうして頭の中に、食べられる野草マップを作っていきます。近所の貯水池のまわりにはフキが、お隣さんの敷地内にはオオバが(こちらは許可をとって採取)、国立の大学通りではギンナンが。

 そしてなんといっても多摩川沿いはヨモギ、ノビル、イタドリ、ノカンゾウと、野草の宝庫でした。

大原さんが野草を摘んでいた多摩川周辺(画像:(C)Google)

 私が「猟場」としていたのは、日野橋~府中四谷橋にかけての、北側の土手です。以前、草嫌いのお笑い芸人・カズレーザーさんと一緒に草を食べる(笑)、というテレビロケをしたときも、このあたりで撮影しました。

野草を摘むことで、気がつくこと

 野草を摘む生活をしていると、自分のなかで起こる変化に気がつきます。

・町の解像度が上がる、自由度が上がる
 道端に食べられる野草がふつうに生えていると気がつくと、いつも何気なく歩いている町が、新しい意味を持ち始めます。その気になれば、無料の24時間青空スーパーが目の前に広がっている。

・食べられるのがありがたくなる
 食べるものは絶対にお店で買ってこなくてはいけない、というわけじゃないんだな~と思えるだけで、一段階自由に、身軽になっていく感じがしました。

 無料で食べられるとはいえ、お店で売っている野菜と比べると、野草はかなりの下準備が必要だし、調理も大変です。そもそも人間用に栽培されてるわけじゃないんで、労力のわりに食べられる部分や時期はほんのちょっとだけ。いざ採ってきても、下処理だけで半日かかったりするんです。

 すぐに食べられるものを買うというのは、栽培、選別、運送、調理と、食べられる状態になるまでのすべての過程を、お金を払って他人にやってもらっているということなんですよね。

自分に対する「信頼度」が増していく


【調査】子育て女性、4人に3人が「家計にゆとりない」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_04-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_weed_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画