もう「ぼっち飯」とは言わせない? おひとりさま専用「グルメアプリ」は外食風景をどう変えるのか

2020年2月27日

ライフ
ULM編集部

東京で年々増加する「おひとりさま」。ひとりでの外食をより楽しくするアプリが、このたび登場しました。実際にアプリを使って「おひとりさまOK」のレストランへ行ってみたところ――?


ひとりで気軽に、おいしい料理が食べたい

 アプリ開発事業などを手掛けるホーン(中央区日本橋)による「ソロメシ」。代表の松本直樹さんによると2020年2月現在、飲食店の登録数は東京・渋谷を中心におよそ1000軒に上るそうです。

「今いる場所の近くで」「ひとりでも気軽に入れる」「料理のおいしい」お店を紹介するというのが特長で、アプリを起動すると現在地から半径500m以内にある該当店を示すマップが表示されます。

 食べたいメニューから候補店を絞り込むタグは、既存のグルメサイトに多い「和食」「洋食」「中華」といった従来型のジャンル分けではなく「肉系」「野菜系」「定食」「あっさり」「こってり」など、ユーザーのニーズに即したより直感的な区分けに。

 お店の条件を選ぶタグも「ひとり席あり」をはじめ「静か」「わいわい」などがあり、好みの雰囲気を指定して絞り込める仕組みです。

 単に「ひとりでも気軽に入れる」だけでなく、あくまで「おいしい料理を堪能してほしい」という観点から、各店の紹介ページにはその店イチ押しの人気メニューも掲載。知人・友人など信頼できる「ひとり外食好き」たちから口コミを集め、1軒ずつ丹念に選定していったそうです。

おひとりさま外食をサポートするアプリ「ソロメシ」(2020年2月26日、遠藤綾乃撮影)

 松本さんがこのアプリを開発した理由は、外食やお出掛けをひとりで楽しむソロ活愛好家が増え続ける半面、行ったことのない飲食店にひとりで入るのはまだまだ心理的ハードルが高いと感じる人が多い現状を知ったからだと言います。

時代は「ぼっち飯」から「リッチ飯」へ


【調査】上がり続ける平均初婚年齢 東京は男女とも全国トップ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200226_solomeshi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画