ありがとう「としまえん」 閉園検討の今こそ、振り返るべき歴史がある

このほど閉園することが発表された遊園地「としまえん」。その知られざる歴史について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


遊園というより公園に近かった豊島園

 大正期に起きた田園都市ブームによって、大都市の郊外は住宅地として開発が進められました。その住宅地開発と同時期に、地元に根ざした実業家たちがこぞって遊園地の建設を進めています。

 1914(大正3)年、料亭経営者の平岡廣高が花月園をオープン。1922年には一帯に広大な土地を所有していた広岡幾次郎が、荒川遊園を開園させました。

西武鉄道の豊島園駅(画像:写真AC)

 花月園は現在の神奈川県横浜市、荒川遊園は現在の東京都荒川区にあたりますが、当時は横浜市、荒川区ではありませんでした。そして、豊島園は1926(大正15)年に実業家・藤田好三郎によって開業します。

 明治末から大正にかけて、家族でレジャーを楽しむというライフスタイルが社会に広まり、それを受けて実業家たちは遊園地をこぞって開業させていたのです。

 開園当時の豊島園は、「体育の奨励」と「園芸趣味の普及」を目的にしていました。当時、機械技術が未発達であることや電気の使用がまだ十分ではなかったこともあり、現在のように遊園地にアトラクションや遊具は設置されていません。

 また、高価な遊具を導入しても採算的に合わないという経営的な事情も少なからずありました。そのため、当時の遊園地はピクニック感覚で出掛けるような自然を生かした場所、今で例えるなら公園に近いレジャースポットでした。

競争激化で移った経営権

 実業家による遊園地の開園ブームが起きると、私鉄各社も追随。私鉄各社は自社の鉄道ネットワークをフル活用するべく、沿線の郊外で遊園地を次々にオープンさせました。

 自社の沿線に遊園地をオープンすれば、鉄道の収入も増え、遊園地の入園料なども得られるからです。

 そうした背景から遊園地の競争は激化し、すぐに遊園地単体で収益を増やすことは難しくなりました。

 そのため、前述した花月園は京浜電鉄(現・京浜急行電鉄)、あらかわ遊園は王子電気軌道(現・東京都交通局)、豊島園は武蔵野鉄道(現・西武鉄道)に経営権が移っていきます。

1965年に世界初の「流れるプール」オープン


【地図】いまさら聞けない? 遊園地「としまえん」の場所を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画