運動音痴なアラフィフ女性が「公営ジム」で中性脂肪を減らそうとした結果

お金を節約しつつ、体を鍛えられる公営スポーツセンター。その魅力について、エッセイストでイラストレーターのおのみささんが自身の体験を交えて語ります。


上野アメ横で靴と服を買いそろえる

 しかし、やるからには乗り越えなければならない壁が3つありました。

●スポーツジムの壁 その1:靴と服を買いそろえる
 室内用の運動靴と運動に適した服が必要なのですが、持っていません。服なんかなんでもいいと思うのですが、パジャマ用のヨレヨレ半ズボンというのもさすがに恥ずかしいので、下町庶民の強い味方・上野アメ横商店街の激安店に行き、運動靴 + スパッツ + ショートパンツを6000円でそろえてみました。

 もっと安価な普通のジャージーでも良かったのですが、初めてだし、そこは気持ちを上げるために少し良さげなものを購入(形から入る派です)し、タオルや水筒(100均)もそろえて準備万端!

●スポーツジムの壁 その2:初めてなのでめっちゃ緊張する
 公営どころか、民間のジムさえも行った事がなく、器具の使い方や何をどうしたらよいのやらが、さっぱりわからないのです。よくジム案内のポスターに載っている、筋肉ムキムキマンズやスレンダー素敵女子たちの中で、驚くほど運動音痴で体力の無いおばちゃんがまざってもいいものなんでしょうか。気合入れて買った新品の服や派手な色の靴が、かえって恥ずかしい……ドキドキ……。

 緊張しながらジムの人に「初めてなんです!」と言うと、私が痩せたいのか、腹筋を割りたいのか、などを質問し、適切に指導してくれます。平日の午前中は私のようなおばちゃんも多いし、筋肉ムキムキマンズは、みんな自分を鍛える事で精いっぱい、人の事など気にしちゃいないので、無駄な心配でした。

月5回で年間1万5000円は高い? 安い?


【働く女性500人に聞いた】スポーツジムに入会している人は何%いる? 入会の理由は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_gym_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画