【来月の運勢】1月がイマイチだった人は、2月にもう一度「神社」へ行くべき理由

1月に気持ちよくスタートダッシュが切れなかった、そこのあなた。ご心配なく。占い師の星健太郎さんいわく、2020年の運勢はまだ始まっていないといいます。


商売繁盛や金運を願うなら目黒

 このおいぬ様が魔よけの神として、邪気を払う点では絶大な効果があります。もし厄年で厄払いをしたいと考えているなら、ぜひこちらの神社でお願いしましょう。

 厄年に限らず、「最近ついてないことが多い」と運が悪い出来事が続いている人なら、こちらの神社に行って悪い気を払ってもらい、リセットするのはおすすめです。

◆商売繁盛や金運を願うなら大圓寺!
 2020年のネズミ年に縁深い神様として大国主命を紹介しました。この神様には他にもさまざまな別名をもち、大己貴命、大物主神(オオモノヌシノカミ)は有名です。さらにもうひとつ有名な別名として、七福神のひとり「大黒天」も大国主命と同一の神と言われることがあります。

 そのため、2020年のお参りには、大黒天がいる神社仏閣を選ぶのはとてもおすすめです。その中でも大圓寺(目黒区下目黒)は大黒天が祭られ、大黒天の縁日にあたる「甲子(きのえね)」の日は、甲子大祭と呼ばれる大黒天の護摩たきが行われています。

目黒区下目黒にある大圓寺(画像:写真AC)




 甲子にあたる日は60日に1日しかやってこないため、とても貴重です。ちなみに2020年2月4日以降での最初の甲子は3月22日です。商売繁盛や金運を願う人は、ぜひこの日に行ってみると良いでしょう。

 甲子の日以外でも、十分に開運効果は期待できますので、商売をしている人には特におすすめします。


【少し遠いけど……】2020年、厄年の人にお勧め「武蔵御嶽神社」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画