【来月の運勢】1月がイマイチだった人は、2月にもう一度「神社」へ行くべき理由

1月に気持ちよくスタートダッシュが切れなかった、そこのあなた。ご心配なく。占い師の星健太郎さんいわく、2020年の運勢はまだ始まっていないといいます。


厄払いなら青梅市へ

 その中でも、「神田明神」(千代田区外神田)はとてもおすすめです。こちらの神社は大国主命が祭られているだけでなく、大国主命と協力して国造りを行った少彦名命(スクナヒコナノミコト)も一緒に祭られています。大国主命の心強い仲間が一緒に祭られていることで、より一段と大国主命のパワーが高まるといえ、強力な運勢の後押しが期待できます。

千代田区外神田にある神田明神(画像:写真AC)




 また、神田明神は平将門も祭られているため、「営業で1番になりたい」のように勝負運を高めたい人にもおすすめの神社になります。なお、神田明神の祭神は大己貴命(オホナムチ)となっていますが、これは大国主命の別名で同じ神様です。

◆厄払いなら武蔵御嶽神社がおすすめ!
 前厄から後厄まで、厄年にあたる人にぜひおすすめしたいのが、「武蔵御嶽神社」(青梅市御岳山)です。

 先ほど、2020年のネズミ年と縁の深い神様として紹介した大国主命の別名にあたる大己貴命が祭られ、さらに少彦名命まで一緒に祭られています。それだけでも、2020年ぜひお参りに行ってほしいおすすめの神社といえるのですが、ここの神社の1番の特徴は「おいぬ様」と呼ばれるオオカミが守り神になっていることです。

商売繁盛や金運を願うなら目黒


【少し遠いけど……】2020年、厄年の人にお勧め「武蔵御嶽神社」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200130_uranai_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画