浅草寺の外れにある「お地蔵さん」が見るも無残な形になってるワケ

浅草寺の境内にある銭塚地蔵尊とカンカン地蔵尊の歴史と魅力について、サンポマスターの下関マグロさんが解説します。


銭塚地蔵堂に込められた「武士の妻の誇り」

 先日、浅草の雷門近くの喫茶店で仕事の打ち合わせをしたのですが、久しぶりに浅草にやってきたという相手は浅草の人通りの多さに驚いていました。たしかに最近は外国人観光客も増えたこともあって、浅草寺にも多くの人々が参拝するようになっています。

 雷門から仲見世(みせ)、本堂へ続く道は時に身動きできないほど混雑することも。多くの人は本堂をお参りすると、そのまま「まわれ右」をして再び雷門へ向かいます。

 しかし浅草寺の境内にはさまざまなものが祭られているので、個人的には境内をもっと歩いてみてほしいです。中でも筆者(下関マグロ。サンポマスター)がお勧めしたいのは、本堂の左奥にある銭塚地蔵堂(ぜにづかじぞうどう)です。

 ずっと工事をしていた銭塚地蔵堂ですが、2019年11月に建て替え工事が終了し、現在はきれいなお堂を目にすることができます。堂内に石の六地蔵尊が安置されていて、その下には江戸時代の貨幣である「寛永通宝」が埋められていると言い伝えられています。銭が埋まっているので、銭塚なんですね。

銭塚地蔵堂の脇にあるカンカン地蔵尊(画像:下関マグロ)

 お堂の由緒は、江戸時代の享保(きょうほう)年間(1716~1736年)までさかのぼります。

 話の主人公は、「山口某」という摂津国有馬郡(現在の兵庫県西宮市)の武士の妻。夫とふたりの子どもとともに貧しく暮らしていましたが、他人からの援助を断って清貧の生活を送っていたそうです。やはり、武士の妻としての誇りがあったのでしょう。

 あるとき、子どもたちが庭から多くの寛永通宝を掘り当てました。普通ならば、ラッキーとばかりに使ってしまいそうなものですが、彼女は理由のない金を自分のものにするのを恥と考え、寛永通宝を埋め戻させたそうです。いや、すごいですねぇ。

「塩なめ地蔵」の別名も


【ランキング】浅草はいったい何位? 「東京デート」のおすすめスポットTOP10

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200116_kankan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200116_kankan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200116_kankan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200116_kankan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200116_kankan_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画