1月に引退 非鉄道ファンにささげる惜別の山手線「E231系」

2020年1月をもって山手線から引退する「E231系500番台」。その魅力と歴史について、フリーランスライターで近著に『私鉄特急の謎 思わず乗ってみたくなる「名・珍列車」大全』(イースト・プレス)がある小川裕夫さんが解説します。


第二の人生を歩むE231系を見つけよう

 鉄道ファンを除けば、大半の人にとって鉄道は移動の手段でしかありません。E231系500番台がE235系になったところで日常生活に大きな変化はありません。乗り合わせたときに「あぁ、新しい車両だな」と感じるぐらいでしょう。

 しかし、東京近郊に住んでいれば、無意識のうちに通勤や通学、買い物や外出の際に1度はE231系に乗車しているはずです。

長らく山手線の顔として活躍したE231系500番台も、とうとう見納め(画像:写真AC)

 次に山手線に乗車する際は、過去の記憶をたどりながら、山手線から引退して第二の人生を歩むE231系500番台に思いをはせてみるのもいいかもしれません。


【どこの駅から通ってる?】東京、新宿、渋谷、池袋にアクセスする通勤・通学者のランキング結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200114_yamanote_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_yamanote_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_yamanote_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_yamanote_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_yamanote_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画