外国人スタッフについ「日本人っぽさ」を求めてしまう私たちの悲しき島国根性

外国人雇用が拡大するなか、難しい課題のひとつとして挙げられるのが「日本人上司と外国人スタッフとの関係構築」です。外国人スタッフをマネジメントする側の日本人上司や企業が改善すべき点とは何でしょう。内定ブリッジ代表の淺海一郎さんが解説します。


見落とされやすい、「日本人側が気づいていないこと」

 さて、「外国人雇用を進める企業が実施する研修」と聞いたとき、皆さんは直感的にどのような研修を想像するでしょうか。

 その研修には、誰が参加していますか? 一部の人は、おそらく「外国人スタッフ向けの研修」を想像したことと思います。外国人が日本で働くのだから、彼らが知らないことを(われわれ日本人が)教えてあげないといけない、と考えてのことだと思います。

 もちろんそれは大切なことです。そうした目的の研修では、日本人側・企業側が学ぶことは特になく、外国人が何かを学ぶということが圧倒的に優先されています。

 しかし、「日本人が気づいていないこと」と「外国人が気づいていないこと」、つまり双方が気づいていないことを中心に扱うことが大切なのです。

外国人スタッフを受け入れる職場で、コミュニケーションギャップが生じる要因の図式化(画像:淺海一郎)

 オフィスのコミュニケーションについて考えるとき、一般的に多くの日本人は日本人上司のストレスについて「外国人の日本語が上手になり、彼らが日本文化を理解さえすれば問題がなくなる」と考える傾向にあります。

 しかし実際のケースを分析すると、お互いが意識していないことやお互いが違う理解をしていることから、オフィスでささいな問題が起きたり人間関係が悪化したりしている企業が、とても多いのです。

研修制度の不十分さが、「定着率の悪化」を招く


【調査】「できれば今すぐにでも離職したい」と答えた上司の割合が衝撃的

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/200109_rodo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画