亡き夫の味を守り継ぐ、女主人ぬくもりの一杯 神楽坂「五芳斉」のワンタンメン【連載】東京レッツラGOGO! マグロ飯(8)

都内散歩と食べ歩きにくわしいフリーライターの下関マグロさんが、都内一押しの「マグロ飯」を紹介します。


やめたメニューも、増やしたメニューも

 ご主人の時代に比べると、メニューはずいぶん絞り込んだそうです。やめてしまったメニューのひとつがギョーザだそうですね。

「ギョーザはラーメンと同時に出したいのですが、ひとりでやっているとそれができないので、やめてしまいました」

と森下さん。逆に3代目になって増えたメニューってあるんですか?

「あります、豚汁です」

 こちらの定食にはデフォルトで温玉と豚汁が付いてきます。豚汁はミニラーメンかミニワンタンに変更できますが、できれば具だくさんの豚汁にしたいところです。家庭料理の豚汁がおいしい町中華って珍しいのではないでしょうか。

新宿区榎町にある老舗町中華「五芳斉」(画像:下関マグロ)

 どのメニューもおいしいのですが、筆者のおすすめはワンタンメンです。ギョーザはやめてしまったのですが、ワンタンは続けているんですね。

「はい、主人がいるときから、ワンタンは巻いています」

えっ、ワンタンは“巻く”と言うのですね、“包む”じゃなくて。

「ええ、ウチではずっと巻くと言っていますね。ワンタンはゆでるだけなのでタンメンやもやしそばなんかよりも楽なんですよ」

 ずっと、サービスメニューになっていますね。普通なら700円ですが、サービスメニューで580円。

「ええ、一度サービスメニューにしたら、人気が出ちゃって、もう戻せなくなっちゃたんですよ(笑)」

 それから、デラックスワンタンメンがいいですよね。これも通常は850円ですが、サービスメニューになっているので、680円ですね。では、デラックスワンタンメンをいただいてみましょう。

ワンタン、チャーシュー……これはデラックス!


【画像】神楽坂の中華料理店「五芳斉」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画