品川駅の南にあるのになぜ「北」品川? 周辺は旧東海道、さっそく歩いてみた

品川駅から南にひと駅下った北品川駅。南にあるのに「北」品川とはいったい? その理由と周辺散策について、紀行ライターのカベルナリア吉田さんが解説します。


潮風の残り香を感じつつ、そぞろ歩き

 江戸の日本橋と京都の三条大橋を結んでいた東海道には、ご存じのとおり五十三の宿場がありました。日本橋を出てひとつめの宿場が、品川宿。日本橋から近い印象なので、わざわざ泊まる人はいたのかなと思いますが、それがなかなかにぎわったそうです。

 品川駅があるのは、実は品川区ではなく港区。その南に品川区が隣接しています。そして品川宿の中ほどを東西に目黒川が流れ、川の北側が北品川、南側が南品川。なので品川駅の南にあっても、目黒川より北にあるから北品川というわけなんですね。

 道ばたに立つ「従是南(これよりみなみ)品川宿」の表示を横目に、旧東海道を南へ下ります。道はそのまま「北品川本通り商店会」となり、道ばたにオシャレなカフェや、風情漂うソバ屋もあります。

旧東海道、北品川本通り商店会(画像:カベルナリア吉田)

 左右に路地が何本も枝分かれして、その1本の入り口に「問答河岸跡」の案内板が立っています。ただし長年の雨風に耐えかねたのか、説明文は全く読み取れません(ここを訪ねた徳川家光に、出迎えた沢庵和尚が禅問答をしたそうです)。取りあえず路地を進みます。

 坂道を下った先に、屋形船の看板が見えます。さらに古びた「北品川橋」が現れ「大正14年竣工」の文字。大正14(1925)年! そして水路に行き当たり、屋形船が何艘(そう)も係留しています。背後すぐに高層ビルがそびえ、これまた不思議な景観です。

 ここは品川浦の舟だまり。品川宿は海沿いに開けた、風光明媚(めいび)な宿場だったそうです。それにしても今や新幹線も止まる大都会・品川に、こんなひなびた風景が残っているとは思いませんでした。

宿場本来の雰囲気は脇道にアリ


【北品川まるごと写真館】ゴジラ、屋形船、野良猫……ある意味カオスなエリアをチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191229_kitashina_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画