下町の人たちは温かくて、たくましくて、おせっかいで、ちょっぴり変なのかもしれないことに気づいた私

銭湯と大衆食堂飲みをこよなく愛する、エッセイスト・イラストレーターのおのみささんが描く下町イラストエッセイです。


下町の人はみんなおせっかい

 女湯の脱衣所ではいつも楽しそうな笑い声が聞こえてきます。この日は誰かがゆずを持ってきて配ったらしく、おばちゃんたちの「ゆず談義」がはじまっていました。

「レモンと同じように使ったらいいのよ。ジャムにしてパンにぬったら?」
「私はパンを食べないから、ハチミツに漬けたやつをお湯で割って飲んでるわ」
「チューハイに入れて飲んだらいいわよ」
「こないだ白菜の漬物に入れたのに、ちっともゆずの香りがしなかったわ~」
「量が少なかったんじゃないの? 私なんて昨日、煮物作ったらさ」
「あんた煮物なんか作るの、マメねぇ」
「いやうちはまだアレ(たぶん旦那さん)が生きてるからさ、しょうがないのよ」
「もう私なんてボケちゃってるから、こないだ煮物を作ろうとしたらみりんとお酢を間違えて入れちゃったわよ。酸っぱかったわ~」
「私はこないだ油としょうゆを間違えたわよ。同じところに置いていて……」

など、思わず笑ってしまうような会話が延々と続きます。でもこの間は少し違いました。

おのさんが聞いた話を描いたイラスト(おのみささん制作)

 風呂上がりで裸のまま、疲れた顔で椅子にぐったりと座っているのお年寄りがいて、皆が心配して声をかけています。聞いていると、どうも彼女は最近食欲がないらしく、食事をしないまま風呂にはいり、のぼせてしまったようです。

「とにかくパンツだけはいて、ここ(長椅子)で寝てな!」と言う人や、「頭冷やした方がいいわよ!」と言いながら自分のタオルを水でぬらして彼女の頭にのせる人など、やいのやいのと言いながら、みんなが心配しています。

 あまりの勢いに呆気(あっけ)にとられて見とれていたら、おばちゃんのひとりが私を見て「下町の人間はみんなおせっかいなのよ~」と言って笑いました。ああ、なんだかこういうのって良いなぁと思います。

風呂上がりのビールの味は格別


【画像】レトロな銭湯アイテムの数々! 昭和にタイムスリップしてみる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191227_sentou_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画