浅草寺だけが浅草じゃない 観光客が行かない「奥浅草」を散策する

浅草といえばなんといっても浅草寺や花やしきですが、その周辺は静かで散歩にぴったりなことは意外と知られていません。サンポマスターの下関マグロさんが歩きました。


銭湯もあり、のんびりエリアと思いきや「気合」の嵐

 朝、昼、晩と違った顔を見せるこのエリア、銭湯などもあって夕方から、ひとっ風呂浴びて、近くの居酒屋さんでビールを飲むなんていう楽しみ方もできますね。

 ただ繁華街ではないので、夜に行くと結構暗かったりしますし、予約しないとなかなか入れないお店もあります。昼間の明るいうちに散歩がてら歩いて、お店に当たりをつけるのもいいかもしれません。

 言問通りから垂直にのびている道は、それぞれ個性的です。まず、柳通り。その名前の通り、柳の木が植えられています。このあたりは、かつて花街として栄えた場所。花街は三業地とも言われています。

名前の通り、柳が植えられている「柳通り」(画像:下関マグロ)

 三業とは料理屋、待合茶屋、芸者屋(置き屋)の3つです。現在でもこの柳通りには浅草見番(三業組合の事務所)があり、芸者さんたちが活動しています。

柳通りなのに、オリーブの木?

 柳通りにオリーブの木が2本あります。

 説明板によれば、

「2004年アテネオリンピック女子レスリング72kg級メダリスト、浜口京子選手の功績をたたえ、オリーブの木を記念樹として、植樹いたします」

とあります。もう1本は2008(平成20)年の北京オリンピックの銅メダルを記念した記念樹になっています。近くにはアニマル浜口レスリング道場(台東区浅草3)があるので、アニマル浜口・京子親子は町の有名人ということがわかりますね。

女子レスリングの浜口京子さんの功績を讃えて植えられたオリーブの木(画像:下関マグロ)

 言問通りから垂直にのびている通りを、もうひとつ紹介しましょう。

遊郭・吉原への道


【画像】浅草寺の喧騒から逃れ、言問通りをこえると・・・・・・

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191226_asakusa_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画