「外国人労働者 = コンビニ店員」という考えは、もはや時代遅れだ

2019年1月時点で55万人を超えた東京都の外国人。これから増え続ける彼らとのコミュニケーションを避けることは今後できません。いったいどのようにしたらよいのでしょうか。アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。


まずは会って話すこと

 外国人の急増は、文化や価値観の多様性をもたらしますが、いいことばかりでないのは昨今の報道の通り。外国人と日本人との間でたくさんの軋轢を生んでいます。トラブルも多発しています。

 しかし私たちは、その外国人の手を借りないと、もう社会を回せなくなっているのです。圧倒的に不足している日本の労働力をなんとか埋めているのは、彼ら外国人です。

外国食材を扱う店はコミュニティの中心のひとつになっている(画像:室橋裕和)

 で、あれば、お互いに歩みよるべきでしょう。交流の場をつくっている人々は、日本人も外国人も、誰もが口をそろえて言います。

「まずは知ることです。接してみれば、民族や肌の色も関係なく、同じ生活者、同じ都民だということがよくわかるはず。交流とか共生の前に、まず会って話してみる。そんな機会は、いまの東京にたくさんあります」

 せっかく異文化をバックボーンに持つ人たちが東京にはたくさんいるのです。彼らの食事や音楽を楽しみ、考えを知り、人となりを感じることは、きっと自分自身にもプラスになるはずです。それが偏見や差別から、自らを解放する方法でもあると思うのです。


【在留外国人100人に聞きました】日本企業の印象はブラック? 在留外国人の労働満足度は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画