「外国人労働者 = コンビニ店員」という考えは、もはや時代遅れだ

2019年1月時点で55万人を超えた東京都の外国人。これから増え続ける彼らとのコミュニケーションを避けることは今後できません。いったいどのようにしたらよいのでしょうか。アジア専門ライターの室橋裕和さんが解説します。


自治体でも民間でも、交流の輪は広がっている

 新宿区や江戸川区、豊島区、足立区、大田区といった、外国人の人口が3万人を超える自治体であれば、区役所や地域センターに行ってみましょう。在住外国人と交流するための催しが開かれていたり、チラシが置かれています。もちろん各自治体のウェブサイトでもチェックできます。

自治体の窓口でも交流イベントの情報が手に入る(画像:室橋裕和)

 その内容は多岐にわたりますが、目立つのは日本語の学習支援でしょうか。まだ日本語が不慣れな外国人に、ボランティアの日本人が雑談を楽しみながら言葉を教えるというもの。専門的な教育の知識はいらず、誰でも参加できるクラスもたくさんあります。授業というより、雑談を通じて「会話に慣れ、日本人に慣れてもらう」ことが目的なのです。

 まったく日本語が話せないという外国人は少なく、学校などである程度の基礎知識は学んでいるので、意思の疎通にも問題はないはず。こうした場が友達作りに役立っているのです。

 参加者を見ていると、外国人は20代の若者ばかりですが、日本人は大半が年配の方。リタイアして時間が取れるということが大きいのでしょうが、もっと若い人に来てもらいたい、興味を持ってほしいと思うのです。

都内では毎日のように国際交流の催しが

 新宿区などでは、図書館も国際交流の場となっています。

 例えば外国人人口が日本でもとりわけ多い大久保の図書館では、外国ルーツの子供たちを対象に、多言語による絵本の読み聞かせの会や、やさしい日本語の本を読んでみる取り組みなどが開かれています。日本に長年住んでいて、会話には不自由ないけれど、読み書きをちゃんと勉強し直したいという大人がやってきたりもするそうです。

新宿区では多言語の広報誌が発行されていて、外国人の暮らしや交流に関するさまざまな情報が満載(画像:室橋裕和)

 そして、自治体に頼らず草の根で交流を広げようとする人々もたくさんいます。インターネットを使って、「自分の住んでいる街の名前 + 外国人 + 交流」といった感じで検索すれば、いろいろな集まりが見つかるでしょう。

 お互いに料理や文化を教えあうもの、多国籍飲み会、合コン……Facebookでも見つかるし、とくにローカルコミュニティ交流プラットフォームのMeetupでは、都内各地で毎日のようになにか国際交流関係の催しが開かれています。

都内にいくつもある外国人タウンに出かけてみる


【在留外国人100人に聞きました】日本企業の印象はブラック? 在留外国人の労働満足度は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191224_rinjin_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画